私たちの意識とは、どんなものなのでしょうか?
震えることもあれば
泣きたくなることもあるでしょう。

自信に満ちたときもあれば
不安も何も感じないときもあるでしょう。

自分の根底には何が眠っている?
そんなことを考えたことはありますか?

社会情勢が明るく見れないときは
自分の内側にも同じような事象 同じような記憶が眠っているのかもしれないと考えてみてください。

照らされる海。

海には様々な微生物がいて
その他 魚や植物など生き物の宝庫です。

海面から海の底へ潜っていく
そのようなイメージを持ってみてください。
これは自分自身の内側へ潜っていく感覚に似ています。

その種類豊富な体験畑
人の内側にある内深部(ないしんぶ)。
私たちが生まれてから体験してきたことは私たちの内側に
一つ一つ刻まれていくものです。

この内側深くにたまっていたものは
日常の多くの出来事を通し照らし出されてきます。

怖がっていること
不安に感じること
自分が何に反応しているのか。

またたく間に広がっている不安は
ある意味 感情の浄化でもあります。
このように思えるようなことが起きたときにこそ
感情の洗い出しがあります。

海の底にあるような深い部分にある感情が
揺さぶられるように現れてきたとしても
それはある意味、心の浄化なのです。

だからこそ寄り添うことが大切。
自分の内側でどんな反応が起こっているのか?
常に観察をし、受け入れてあげること

不安な感情は、受け入れてあげることでやわらぎます。
受け入れてもらえることにより安心する
感情とは、そのような生き物と捉えることができます。

世の中の出来事は
ある意味、自分自身の内なる鏡です。
だからこそ、人によって捉え方がまるで違うこともあります。

一寸先は闇。
そんなふうに見えるときでも
その門構えの向こうには「音」があるものです
見えないようで見えてくるものがあるはずです。

不安の渦が立ち現れてきても
なぜ自分が不安になっているのかが分かれば
未来の見え方が変わります。
現状を見る目が変わります。

この、見る目が変わる、捉え方が変わることで
新しい意識を生み出していくことができます。

不安なときこそ自分は何に反応してるのか、
不安の出所はどこなのか、を問いかけるようにしてみてください。
自分の新しい捉え方が生まれていくことでしょう。
体験畑に新しい音が刻まれていきます。




さて、今日のメッセージはいかがだったでしょうか?
基本的にここで書きつづっている内容は、私自身のハートに意識を合わせ
言葉をつないでいます。

今の世の中の状況は、誰にとっても新しい体験かと思います。
「不安を感じている人」というタイトルで、らいおんの日和の中で案内をしましたが今回の内容はその続きと捉えることもできます。よかったらそちらも併せて読んでみてください。
不安を解放するといっても簡単なことではありません。
しかし、この不安の原点は何なのか? ということを自分に問いかけ、矛先を変えていくと必要なポイントへと意識は向かっていきます。
人によって時間がかかる場合もありますが、まずは、自分が何に反応しているのかと、自分に問いかけていくことは有用な手段です。
なぜかと言うと、意識によって自分が住む世界は形づくられていくからです。
同じ現象でも、自分の意識の状態により、見え方はまるで異なってきます。

自分の内側を、海に住んでいる生き物にたとえる描写がありましたが
私たちの潜在意識の様子は、海の内側の状況と大変よく似ています。
見えづらい、つかみづらいものでありながら、確実に存在しているもの。
海面の上の方から見ても、海の内側の状況は見えにくいですが
それは、私たちが通常生きている状態では、潜在意識を捉えることは、なかなか難しいということに似ています。
それが、上記のメッセージにある、体験畑であり内深部です。

日常の中では様々なことが起こりますが、それらは私たちの内側に気づきを与えるためにも起こっていると、私は伝えています。

自分の内側で、「反応」が起こる仕組みを理解していくと不安から脱するのが早くなり、意識の変化もよりスムーズになります。

簡単ではありますが、今回は「不安」ということに焦点を絞って案内をしてみました。


2020年05月10日

>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。