肉体と意識の調整法を学ぶ応用クラス

らいおんハート X Visionでは、エネルギーを扱う技術を開発し、具体的に案内をしていくため、長い時間をかけて研究を重ねてきました。ここで案内していくエネルギーは、ある意味、「人が扱うことができる宇宙に存在しているエネルギー」と言うことができます。

基礎クラスで案内している、ハートや「いつくしみ」のエネルギーも同様に宇宙、そして地球にも存在しているものです。私たちは、ハートに意識をおいて「意図」を適切に使うことにより、宇宙に存在しているエネルギーさえも扱ってことができます。

肉体と意識の調整方法を学ぶ応用クラスでは、2つのコースを用意しています。

  • ワークファイブコース
  • メディスンコース

2つのコースで扱うエネルギーは、それぞれに質が違います。またエネルギーの扱い方にも多少の違いがあります。エネルギーをどのように、そして、どんな目的で使いたいかによって、コースを選択してください。

また迷われる際には、遠慮なくご相談ください。それぞれの詳細に関しては、下記の内容を参考にし、さらなる具体的な内容に関してはコース別のページをご覧ください。

わずかなものでも積み重ねれば大きなものになる。

日常で起こる事柄から、私たちはさまざまな捉え方をします。自分の内側で浮かんでくる繊細な気持ちや感情など、これらはほんのわずかなものであるかもしれません。しかしこれらが少しずつ積み重なっていったらどうなるでしょうか?最初はわずかなものであっても、それらは少しずつ結晶化してきます。

一方で、日々浮かんでくる感情や、繊細な気持ちを自分で理解していき、必要に応じて癒していくことができれば、その積み重ねも本当に大きなものとなります。目に見えなくても、その形態化したものが内側にあるかないかでは、大きな違いがあります。下の図をご覧ください。


人の内側に潜む感情は、おのずとオーラの深い部分に沈みこみ、肉体を弱体化させるような影響を与えることがあります。また多くのページでも案内してるように、物事への捉え方や行動の仕方に大きな影響を与えます。

しかし一方で、日常的に呼吸法とともに意識を使い、エネルギーを活用していくと、上記の図で表しているように、感情や思考により生み出されたエネルギー(意識によるもの)が、ひも解かれ、癒されていくのを助けていきます。

このように、自分の内側で生み出すエネルギーを上手に使っていくことにより、自分自身に対し、もしくはセラピストとしてであれば受け手にとって、有用な結果を生み出していくことができます。

ワークファイブコース

ワークファイブの「ファイブ」とは、「5大元素」のことを表しています。
耳慣れない言葉だと思いますが、5大元素とは「火・水・土・空・風」のことです。

簡単に案内しますと、私たちが普段食べている野菜や穀物、果物はこの5大元素が主な構成要素になっています。太陽の光を浴び、土の中に含まれた水分を吸収し、風により空気の循環が起こされて自然に実となり形となるものが、私たちが食している野菜やお米、果物なのです。以下の図を参考にしてください。

上の図では、5つの元素が循環している様子と、5大元素が取り入れられていくことにより、果物の実が形を成していく様子を描いてます。

ワークファイブとは、この5大元素を作用性の高いエネルギーとして扱えるよう開発した技術であり、この手法自体の名前にもなっています。

4種類のエネルギーの活用法を学ぶ

このワークファイブコースでは、4種類のエネルギーの活用法を学びます。
それぞれのエネルギーを主に経絡(ツボ)を通して体内に取り込むという特殊な技法も使っていきます。ツボを介すことで、より心身の深い部分にまでエネルギーが行き届きやすくなります。

素粒子の特質と扱い方

また、ワークファイブの技法の中で特筆すべきところは、素粒子というエネルギーを扱うことです。
素粒子は、多くのエネルギーの素(もと)、または母体になるエネルギーであり、かつ微細であるため素早く行き渡る資質をもち合わせています。このように、素粒子自体にも心身の奥深くへも届いていく特質があるため、ツボを介すことと合わせ、より作用性が高い技法を実現しています。

素粒子が心身の必要な部分に行き届いたあと、3種類の作用性の高いエネルギーへと変換をしていきます。エネルギーを変換していくこの技術は、このコースを学ぶ過程でどなたでも身につけることができます。

また、このワークファイブコースは、「自分のためにエネルギーの活用術を学ぶ」か、「セラピスト(人のために扱う)として学ぶ」か、2つのクラスに分かれています。(もちろん、セラピストコースを選択しても、自分のためにワークファイブの技術を使うこともできます)

1 自分自身のために、エネルギーを扱う技術。

ワークファイブのエネルギーは活用範囲が広く、
・肉体の調整や強化
・感情やトラウマなどを癒していく

ことなどに扱っていくことができます。
ある意味、勢いのあるエネルギーでもあります。もちろん、疲労や各種症状の回復にも役立てることができます。

深い部分の難しい調整にはワークファイブが重宝する

自我の意識を調整できると、自分が本当に求めている方向に自然と進みやすくなります。自我を調整することは、カウンセリングアイアム(自分のことを自分でカウンセリングする)の手法の中でも難しい部分であり、ワークファイブのエネルギーが非常に役立つことがあります。

また、ワークファイブを行なっていく過程で、自分自身との対話をより深くできるようになります。慣れてくると、肉体の変化や感情の不調に対しても、自分自身で素早く対処できるようになっていきます。

2 自分と、人のために、エネルギーを扱う技術。

身近にいる人のためにこの技術を使いたい、セラピストとしてこの技術を学びたい方に、このセラピストコースをお勧めします。
上記で案内している内容に加え、受け手のためにカウンセリングする技術を深めます。たとえば、受け手(相手)のためにメッセージを受け取る技術、エネルギーの状態を読み取る技術を習得し、相手に対し行なうカウンセリングに活かしていきます。

➤ 詳細は、ここをクリック♪↓↓ 


メディスンコース

このコースでは、新しく2種類のエネルギーを学び、その活用の仕方を習得します。
私たちはハートという意識を保つことにより、宇宙に存在しているあらゆるエネルギーを扱うことができます。安定した意識の中で、適切な周波数(エネルギー)に意識を合わせることにより、そのエネルギーを発生させることができるのです。

2種類のエネルギーとは

  • ライトボディ エナジェティックメディスン/Light Body Energetic Medicine
  • エナジェティックメディスン/Energetic Medicine

ライトボディという名前がついているほうは、そのエネルギーの中に、より光の粒子が含まれています。そして、単にエナジェティックメディスンと呼ぶほうは、より肉体に対し作用していくエネルギーです。

この2種類のエネルギーは、ハートという安定した母体(土台)を通して、生み出されるエネルギーです。そして、人の内側の、ハートの資質が高まった状態にあるエネルギーでもあります。だからこそ、安定した状態の中で生み出すことが大切であり、その状態こそが、より質の高いエネルギーを生み出すことにつながります。

エネルギーの名前の意味合いと、その効用に関しては、以下の案内を参考にしてください。

エネルギーの名前の意味

・ライトボディ/Light Body:光の体
・エナジェティック/Energetic:作用性の高い
・メディスン/Eneretic:医学・薬 

効用

・肉体と意識をより正常に、安定した状態に保つ
・疲労や各種症状の回復に役立つ
・日常の中での気づきを深めることができる

さらなる具体的な案内に関しては、下記、もしくは「メディスンコース」のページをご覧ください。

また、このコースも「自分のためにエネルギーの活用術を学ぶ」か、「セラピストとして学ぶ」か、2つのクラスに分かれています。(もちろん、セラピストコースを選択しても、自分のためにこの技術を使うこともできます)

1 自分自身のために、エネルギーを活用する。

過去の傷ついた感情など、深い森の中に入っていて見えなくなっているようなもの(トラウマ)にもこの光のエネルギーを行きわたらすことができます。そのため、上記内容のワークファイブと似たようなエネルギーの活かし方ができますが、利点としては、メディスンコースのエネルギーの方が扱い方が非常にシンプルだということです。
一方で、ワークファイブコースの利点をあげるとすれば、エネルギーの活用範囲がさらに広く、またエネルギーとしては勢いがあり、より困難な側面に対し活かすことができます。

2 自分と、人のために、エネルギーを活用する。

この2種類のエネルギーをセラピストとして人に対して扱うとき、よりエネルギーを太く(多く)扱うことができます。
自分自身のために扱うとしても、人に対して使うとしても、エネルギーの扱い方がよりシンプルで使いやすいという特徴があるため、セラピストとして、シンプルにエネルギーを活用する方法を学びたい方は、このコースをお勧めします。

➤ 詳細は、ここをクリック♪↓↓ 



その他、詳細についてはどうぞ遠慮なくお問い合わせください。

>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。