全日本大学駅伝を見て〜意識の使い方が大切だと言える所以

8区、最終区でのトップ争いは、青山学院と駒沢大学。
選手の意識の状態に思いを寄せてみる。

ここで述べているのは、最終区のトップ争いのときに、2人の選手を見ていて感じた私の所見です(テレビ観戦にて)。
青山学院の選手(以下A選手)が、トップを走る駒沢大学(以下K選手)の選手に追いつく。追いついた時点では、残り約9キロ位を残しており、A選手は一気に前に出て抜こうとせずに、K選手にぴったりついていくことを選択した。

その時点では、A選手のほうが余力を残しているように見え、最後には彼が勝つのではないかと思える反面、私の内側では違う捉え方が浮かんでいた。

その一つは、まずA選手が周りのことに気を取られすぎているということ。後ろから他の選手が追いついてこないか気にして後ろを振り向いたり、時計をチラチラ見てタイムを気にしていたりしていた。この状態では、彼自身の意識の状態が安定しないから、そのうちに疲れてきてしまうのではないかと、私は思った。

一方、K選手を見てみると、追いつかれたにもかかわらず、相手のA選手のほうをほとんど見ることもせずに、自分に意識を集中しているように見える。自分のペースをただ守り、走り続け、その中で勝機をつかもうとしているかのように。

結果は最後に現れた。2人の間に普段の練習量の差はおそらくないと思われるが、やはり、最終的には意識の使い方が大きく影響するのだと思う。内側の意識の状態が安定していなかったであろうA選手は、K選手が最後にスピードをあげたときには、もう息が上がっていた。ゴールテープを切るときに両手をあげていたのはK選手であった。

やはり大切なのは、走っているときの意識の状態であり、意識の使い方であると私は捉えている。今日のレース結果から見ても合点がいく。自分の内側の状態は、肉体の動きにストレートに反映されるのである。

私たちが日常的に抱く意識、考え、思う、ある種の感情をもつこと、これらはその瞬間に、目に見えないがエネルギーとなり体内に循環する。そして、それが現実的に、とくに今日のレースのように、肉体の動きやパフォーマンスに影響を与えるのである。

私が講習を通してお伝えしているのは、意識の状態を安定させることができる、ハートの呼吸法とハートの意識の使い方です。

興味がある方は、体験版の講習のページ などをご覧ください。


この記事はリンクフリーです。知り合いやご友人、ご家族の方にお伝えしたい場合など、どうぞご自由にシェアしてください。また直接、講習を受けたい、もしくはカウンセリング・コーチングセッションを受けてみたい場合は、お問い合わせ よりご連絡ください。体験版の講習についての案内は、こちら をご覧ください。

井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。