このページでは、「ハートの呼吸法」について、細かく案内していきます。

ハートの呼吸法は、日常を生きていくうえで活かせない場面はないくらいに、非常に有用な手法です。

たとえば、

  • 何か作業をする前に心身の状態を整え作業の能率を上げたいとき
  • 人の言動や日常の出来事により、意識が不安定になってしまうとき
  • 考えすぎて出口が見つからないとき
  • 人との関係がうまくいかないとき
  • 将来のことや今の活動に対して悩むとき、など

日常の数多くのことに活かすことができます。

以下に、その効用と仕組みについて案内していきます。
まずは「意識」についての簡単な案内をします。

意識を持つことにより、瞬間的に体内にエネルギーが生まれる

ここで案内している「意識」とは、思う、考える、感情を抱く(感じていること)など、「自分の内側の意識の状態」を指しています。どのような意識であれ、その意識の状態が瞬時に目に見えないエネルギーとなり、体内をめぐります。

たとえば、不安、恐怖、ねたみ、悲しさ、怒り、など、ネガティブな感情(意識)は比重の重いエネルギーとなり、その場で生まれる考え方や、仕事、勉強、活動の能率、身体の動きやパフォーマンスの質に深く影響を与えます。以下の図をご覧ください。

図1 身体とオーラ


人の身体には、上の図のように、オーラ(目には見えにくいですがエネルギーの身体といえるもの)が備わっています。人の身体は、このオーラと重なり合うように存在していて、人の意識によって作り出されたエネルギーは、このオーラの中を流れ(同時に身体にも流れ)、もしくは時間をかけてオーラから身体に移り込んでいくようになります。

たとえば、「自分は何でダメなのだろう?」と思ったとすれば、その意識によるエネルギーが以下の図のように体内に生み出されます。

図2


そのため、意識の使い方(保ち方)が非常に大切になります。目に見えなくても、このように意識で作り出したものは、心身の状態や現象の現れ方、意識の使い方に大きな影響を与えます。

たとえば、

  • 身体の状態:動きにくさ、重さ、各種症状
  • 現象:物事がうまく動かない、人との関係性が良くならない
  • 意識の使い方:自分の将来に対して不安がつのる、など

日常ではさまざまなことが起きるため、そのたびに内側がゆれ動き、安定しないことがあるかと思います。そのためまずは、意識を安定させていく手法として有用な「ハートの呼吸法」を案内しています。

「ハート」について

ここで案内している「ハート」とは、愛そのものであり、愛の領域(質)のことを指します。
ハートは、ひとりひとりの内側に生まれながらに備わっているものであり、このハートを一つの意識として扱っていくことができます。したがって、自分の内側のハートに意識を合わせていくことにより、おのずとハートのエネルギーは体内に生まれて(発生して)くることになります。

以下に、ハートのイメージをつかみやすくするため、簡単な図を案内します。


図3


私たちのハート=愛の意識は、上の図のように、胸の中央の内側から、放射するように広がっています。意識の状態によっては、このハートは小さくしぼんでしまうような感じになることもあります。(以下でも案内していますが、私が案内しているハートとは、ハートチャクラのことも含んでいます)

人が生まれながらに備えている愛の領域について

意識の使い方により、私たちは瞬時にその意識の次元(周波数・自分が体感する世界)につながります。悲しみを体感すれば、そのエネルギーが瞬時に体内に生まれ、思考の状態も悲しみの次元の中に入ることになります。しかし、意識の状態が安定感のあるものに変化すれば、心身の状態や物事への対応の仕方や捉え方も変化します。

そして、私たちの意識が「愛」の状態になっていくとき、私たちの内側には、愛(ハート)のエネルギーが生み出され、それがおのずと心身を安定に導いていきます。

この意識の使い方も人が生まれながらに備えているものであり、私たちは意識の使い方によって、愛の領域(質・周波数)にとどまることができます。この意識の使い方は非常に有効であり、生きていく上での土台となります。

ハートのエネルギーの作用

基本的に、ハートのエネルギー(愛の波動)には、以下のような作用があります。

  • 人の意識を安定させる。
  • 不安定な部分を調節し、人の気持ちを前向きにする。
  • 意識の状態を中庸(リラックスして力が抜けている、まっさら、プレーンな状態)にする。
  • 私たちの仕事、活動、家庭生活において安定した土台の役割をする。
     :何かを考える、作る、企画をする、話しをする、助言をする、相手の話を聴く、パフォーマンスの質を高める、など、それぞれの活動に大きな安定感をもたらす。

ハートの呼吸法とは

「ハートの呼吸法」とは、ハートに意識を合わせることによって生まれる調整力の高いエネルギーを、呼吸とともに体内に循環させていく手法です。

ハートの呼吸法の重要性

前述したように、日常における意識は、さまざまな出来事によっていとも簡単にゆれ動くため、安定させることが難しいかと思います。たとえば、不安な状態でいるときは、その不安のエネルギーにより心身全体が包まれているため、安定する意識(ここではハートの意識)に切り替えようと思っても、なかなかうまくいかないのです。
このようなときのために、ハートの呼吸法を意識的に使って、内側の状態を安定させていく手法を案内しています。

以下の図をご覧ください。これは、図2の状態からさらに、ネガティブな意識が増幅していった結果、意識により生み出されたエネルギーにより、身体とオーラが包まれている状態です。


図4


このような状態では、考えることや思うこと、行動の仕方、活動内容に大きな影響を与えることになります。しかし、ハートの呼吸法を行なっていくと、心身の状態は以下の図のように調整され、身体の感覚としては、落ち着く、リラックスする、または軽くなっていきます。


図5


基本的にこのハートの呼吸法は、1回習えばすぐにできるようになるものではなく、ある程度の習得(練習)期間が必要です。基本的に、講習を受ける方には、ハートの呼吸法を習得するために最低1か月間は毎日実践を重ねていただいています。
その理由は、いつどこでも、この呼吸法が使えるようになること(安定した意識の使い方)が大切であり、活かし方はそれぞれの活動内容に合わせて無限であるからです。

ハートチャクラとは

 人の内側、頭頂部と股の間(会陰)を結ぶライン上には、7つの主要なチャクラが存在しています。チャクラとは目には見えにくいですが自由に形を変える球体のようなものです。下の図を参考にしてください。

図6



チャクラは、気のようなエネルギーが出入りする場所であり、7つそれぞれに個性があります。そして、胸の中央にある第4チャクラを、ハートチャクラと呼びます。

基本的に、ハートにつながっていくときに、このハートチャクラが助けになります。普段は目に見えなくても、人の内側に存在しているハートチャクラは、私たちの意識の状態により、少しずつ動くような感覚で大きくなるなど、形や大きさが変化します。

ハートの呼吸法をどのようなときに活かせるか

  • 文章、もの書き、キャッチコピーを考える、作詩作曲をするとき
    意識の状態が安定し、自分の本質からの言葉などを受け取りやすい状態になる。
  • 企画やアイデアを生み出していくとき
    自分や周りにとって、よりよいものを生み出しやすい状態になる。
  • 仕事が煮詰まっているとき、物事がうまくはかどらないとき:
    内側が整理され、おのずとどのように進めたらよいか発想が浮かびやすくなる。
  • 家庭生活、育児、子育て、夫婦関係に
    不安になる、冷静さを欠く、つい怒ってしまうときなど、自分が安定することにより、家族間のもめごと、いやな雰囲気が少なくなる。どうしたらよいか、答えを見いだしやすくなる。
  • アスリートの方、演奏者の方、歌手の方、俳優など表現をする方に:
    日々の自己管理、調整、ケガからの回復。不振の原因を見いだしやすくなる。自分の本質的な才能が現れやすくなる。本番での安定性を作り出せる。プレー、パフォーマンスの質を高める、など。
  • 自分自身の自己管理、日々の調整に
  • 自分の進む道を明らかにしていきたいとき
  • 答えを自分の内側から受け取っていきたいとき
  • エイジングケアに

その他、以下の内容にも活かせます。

  • 自分の才能発掘に
  • 将来の夢を実現するために
  • 潜在意識につながりやすくなるために
  • マインドフルネスの作用をさらに効果のあるものにするために

潜在意識について

以下の図をご覧ください。

図7



基本的に潜在意識には、

  • 個人の才能や特質
  • 人生の設計図
  • 生まれる前からすでに知っている知恵
  • 過去の感情やトラウマ、など

が存在していると、私は伝えています。

ハートに意識をおいて、日常を過ごすことが多くなると、自分の内側での対話が習慣となり、奥深くに秘めている自分の本質的な部分を見いだしていけるようになります。ハートの呼吸法は、そのためにも必要不可欠であり、基礎的な手法です。

これらはすべて、私自身の体験を通して捉え、数多くの方に案内してきた内容です。
潜在意識についての詳しい内容は、以下のページをご覧ください。
潜在意識とは

また、ハートの呼吸法の簡単な活かし方として、以下のページも参考にしてください。

始業前の5分間:ハートの呼吸法の活かし方(1)

個人、各学校、企業研修、団体競技など、それぞれのニーズに合わせ、ハートの呼吸法の活かし方を案内できます。講習を受けたい方は、お問い合わせのページよりご連絡ください。また団体の方で事前に相談をしたい方は、事前相談のページをご覧ください。



この記事はリンクフリーです。知り合いやご友人、ご家族の方にお伝えしたい場合など、どうぞご自由にシェアしてください。また直接、講習を受けたい、もしくはカウンセリング・コーチングセッションを受けてみたい場合は、お問い合わせ よりご連絡ください。体験版の講習についての案内は、こちら をご覧ください。

井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。