本来の自分自身との対話:人生の答えを得ていくために

 このページでは、以下の3つについて案内します。

・本来の自分自身とは?
・対話をするとはどういうこと?
・話の種(私の体験の紹介)


本来の自分自身とは

ここで案内する本来の自分自身とは、それぞれの内側に存在している「魂」のことを指します。「魂」については、人それぞれに捉え方があるかと思いますが、ここでは人それぞれの本来の意識、もしくは潜在的に宿しているすべてのもの、と捉えてみてください。日常を生きていると、本来の自分自身がどれくらい大きいものなのか、またはどのような存在なのか、なかなかわかりにくいかと思います。簡単ではありますが、その大きさの違いを下の図で表しています。


左側の図は、普段私たちが思い描いている自分自身の大きさを表しています。そして、右側の大きいほうは、本来の自分自身の魂としての大きさを表しています。人によっては、この大きさの違いにびっくりするかもしれませんが、本来の魂とはここには表しきれないくらいに、実際にはもっと大きな存在でもあります。

そして、魂としての自分自身は、普段は少し離れたところから日常の自分を見守るような形で存在しています。そのため、日常を生きる私たちは、本来の自分自身とは切り離されているようにも感じます。だからこそ図で表しているように、自分がそんなに大きな存在であるかなんてなかなか思えない、かもしれません。

また、一人ひとりの魂は、今世だけを生きているわけではなく、幾世にも渡る人生を歩んでいます。つまり多くの過去の世を体験しているということです。

だからこそ、数多くの知恵を持っている、または過去世で培った才能をすでに備えていることもあります。そして一方、人によっては非常に困難な時代を過ごしている場合もあります。このような経験の一つひとつは、それぞれの内側にしっかりと記録(記憶)されています。(この詳細については、「潜在意識とは」のページを参照してください)

そして、このような過去を体験したうえで、人は生まれる前に、今世の中で 「何を体験していくか」「どのように自分を磨いていきたいのか」など、あらかじめ計画をして生まれてきます。人によっては、想像もしえない困難に出会うこともあるでしょう。しかし、大切なのは、それらがすべて本来の自分自身が立てた人生の計画でもあるのです。さらに多くの体験をしようと、この困難な体験を通して新たな自分を見いだしていこうというように。

だからこそ、人生の目的は人それぞれに異なり、同じ環境で育った兄弟姉妹でさえ、内側で体験することは大きく違う場合があります。本来の自分自身は、日常を生きる自分自身がこのような人生の旅を順調に進んでいけるよう導いているのです。

離れたところから見守っているのは自分自身だけではない

私はこれまでに数多くの方にカウンセリングを行なってきました。そしてこのときに主に用いているのは、クライアント自身を導いている目に見えない存在と、私のハートを通してやりとりをし、適切なメッセージを受け取ってそれをカウンセリングに活かすという手法です。

不思議なことのように思われるかもしれませんが、基本的に一人ひとりにはその人を見守り、人生を導いていく目に見えない存在がついています。そのような存在については、人によってさまざまな呼び名があるかと思いますが、私は守護霊や指導霊というような表現をよく使っています。

ここでの大切なポイントは、

  • 日常を生きている私たちを導いている存在が、目に見えなくても実際には「いる」
  • それらは「本来の自分自身」と「ひとりひとりを見守り導いている存在」である
  • また、非常に愛に満ちていて、私たちがどんな困難に直面していても、それぞれのことをよく知った上で片時も離れずに導いてくれている
    (人によっては見守り導いている存在がご先祖の場合もあります)

ということです。

だからこそ、このことを踏まえ、らいおんハート X Vision では「ハートの呼吸法をしたうえで対話をする手法」をお伝えしています。基本的にこの対話の手法は、答えを得ていきたいときに数多くのことに活かしていけます。

たとえば、

  • 仕事や夫婦生活、家事や育児などで、今ある問題をどのように解決したらよいか
  • 学生であればどのように就職活動を進めたらよいか
  • アスリートであればどのように不振を脱したらよいか
  • 身体に現れている各症状はなぜ現れているのか
  • イライラする、または怒りが浮上するのはなぜなのか
  • 不安や自分を責める、または自分を否定する気持ちはなぜ出てくるのか、など

日常のささいなことから、人生を左右する大きな事柄に対しても、一人ひとりの日常の中で多様に活かしていけます。

対話をするとはどういうことか

私が伝えているのは、ハートの呼吸法をし、内側を整えた状態で対話をしていく手法です。
しかし、人によってはさまざまな形で、たとえば、無意識のうちに上記のような存在から的確な答えを受け取っていて、何気なく行動に移しているなど、すでにやりとりをしているケースもあるかと思います。おそらくそのような場合、日常の展開がスムーズになっているでしょう。

このようなときに共通して大切なのは、自分の意識の状態がおだやかであること、もしくは、否定的な意識などによる荒い意識の波が、内側にない状態であることです。簡単にいえば、能天気でいることや、リラックスしているような状態でもあり、自分の内側が湖の水面のように静かな状態になっていること、と言えます。

私が、基本的にハートの呼吸法をしたうえでの対話を伝えているのは、上記のような状態に意識的になっていけるからです。つまり、自分自身が求める答えを自分の内側から受け取りやすい状態を自ら作っていく、ということです。
下の図は、日常を生きる自分が、ハートを通して本来の自分自身とやりとりをしている様子を表しています。


図では、本来の自分自身とのやりとりを描いていますが、それぞれを導いている存在とも同じような形で対話をできます。前述したように、無意識のうちにこのような対話をすでに行なっている方もいるかと思いますが、私は、このようなやりとりを活かして日常を送る方々が、今とこれからの時代はさらに増えていくと捉えています。だからこそ、「ハートの呼吸法を使った対話の手法」を伝えています。

この手法は、答えを素早く得ていくだけではなく、熟練していけばいくほど、より困難な状況を乗り越えるときに大きな助けとなります。また日常のちょっとしたことであっても、対話の手法は活かすことができ、さらに日常を楽しんでいけます。

私の活用法の紹介

体内に各症状が現れたとき、いち早くその症状の原因をひも解いていく

基本的にどのような症状であっても、それは自分自身の内側からのお知らせであるため、ハートの呼吸法をしたうえで、問いかけをしていくことが多いです。基本的に症状を通して、今の自分に立ち現れてきているテーマなどを理解し、自分を見つめ直していくと、さまざまな状況が良い方向に改善します。とくに以下のようなことに良い影響が現れています。

  • 仕事の道筋を立てていく
  • より自分らしい表現をつかんでいく
  • 夫婦生活をより充実したものにしていく
  • 仕事に活かす

先ほども案内しましたが、クライアントにカウンセリングをするときは、主に上記の手法を使っています。しかし、カウンセリングのときは、ハートの呼吸法をいちいちすることはしません。そのときは私の意識も非常に安定しているため、クライアントのための貴重なメッセージは、とてもクリアな形で私の内側に伝わってきます。

また、このように文章を書くときも、ハートの周波数を保った状態で書きつづるようにしています。そのときにふさわしい言葉は、ハートのような、内側が中庸な状態のときに、自分の中から浮かび上がってくることが多くあります。実際には、ハートに意識を合わせて浮かび上がる言葉を待つような感覚です。

スッと浮かび上がってくる感覚。
大切なのは、内側で「ふと」捉えた感覚を逃さずに表現につなげていくことです。これは頭で考えたものとは少し違っていて、軽やかで、よりその場にフィットする感じがあります。つまり、自分にとっても良いものであり、周りの人にとっても受け入れられやすいものであることが多くあります。

このやり方は、実際に数多くのことに活かせると私は思っています。
たとえば、

  • キャッチコピーを考えるとき
  • その場でふさわしい演技をするとき
  • 家事や育児をするとき
  • ちょっとした笑いをとりたいとき
  • 仕事などでアイデアを得たいとき、など。

この手法は日常の中で活かしていくほど、「このやり方でやるとうまくいくのか」と感覚を通して捉えられるようになってきます。もし、自分の内側で捉えた通りに表現に使う、または行動を起こしてみても、うまくいかない場合は、自分の本来の意識から届いたものではないかもしれません。しかし、たとえ失敗と思えることがあったとしてもよいと思います。実際に試してみないとわからないことが数多くありますから、間違うことを恐れないでください。

人の内側(潜在意識)には、本当に大切な情報がつまっています。そして私たちは、自分の内側を通して、日常で非常に役立つ情報を得ることができます。ぜひ、このページでお伝えした内容を日常の中で活かしてみてください。

必要に応じて ハートの呼吸法の効用とその仕組み のページもあわせてご覧ください。

ハートを通して対話をする手法については、それぞれの必要性に応じて以下のクラスの中で学べます。

基礎クラス
カウンセリングアイアムクラス
アスリート基礎コース女性のための特別コース青空コース(社会人・学生向け)


「基礎クラス」では、基礎的な対話の手法を、「カウンセリングアイアムクラス」では、さらに習熟した対話の手法を学びます。また「アスリート基礎コース」「女性のための特別コース」「青空コース(社会人・学生向け)」では、上記の2つのクラスの内容を組み合わせ、それぞれに特化した内容を学びます。


この記事はリンクフリーです。知り合いやご友人、ご家族の方にお伝えしたい場合など、どうぞご自由にシェアしてください。また直接、講習を受けたい、もしくはカウンセリング・コーチングセッションを受けてみたい場合は、お問い合わせ よりご連絡ください。体験版の講習についての案内は、こちら をご覧ください。


井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。