経営理念

事業の柱

ハートとは、愛そのものでもあり、すべての人の内側に存在しています。
らいおんハート X Vision の事業の根幹は、このハートについての特色を伝え、日常生活でハートの効用を活かせるよう、より多くの方を案内していくこと。また、ハートの意識(ハートを内側で保っている状態)の使い方を案内することです。

「ハートに意識をおく」ということ

ときに呼吸法を使い、この意識の使い方に慣れていくと、思考や行動、言葉の使い方が安定し、自分が築き上げるすべてのものが安定していきます。

ハートを使うことによって実現できることは、まずは、心身が安定するとともに健康でいられるということ。そして、日常を過ごす上での指針を自分自身の内側で得ることができるようになります。さらには、安定したハートの意識を保っていると、的確かつ、新しいアイデアを生み出しやすくなります。

「いつくしみ」の使い方・効用を伝える

らいおんハート X Vision では、「『いつくしみ』とは、女性が生み出す愛の形であり、女性の質が生み出す愛の形(男性も生み出すことができるという意味を含めています)である」と定義をしています。

「いつくしみ」は、一人ひとりの内側で意識的に生み出すことができるものであり、「いつくしみ」には、自分自身の内側に潜む感情を癒す働きがあります。

一人ひとりの内側には、さまざまな感情が潜在意識に埋もれており、それにより、多くの問題が日常生活の中で現れてきます。怒りや、さげすみ、その他数多くのマイナスな感情に影響を受け、普段の思考は形成されやすく、それが行動にもつながっていきます。

私は長年にわたるカウンセリングの経験から、以下のことを見いだしてきました。人と人との間にある衝突や争い、いじめ、または夢の実現をはばんでしまう意識も、人の内側に潜む癒されていないマイナスな感情が原因であるということ。そして、その原因となっているもの理解し、癒していくことができれば、様々な問題を解決することができることを、体験的に知り得てきました。

「いつくしみ」は、このようなときにこそ必要になります。さまざまな問題となる行動は、愛が欠如しているために引き起こされてくる、と私は捉えています。もし、問題となっていることを修正、解決していきたいと望むときは、自分自身の内側の必要な部分に、愛を流していくことが大切になります。

すべてのことに対して活かすかすことができる

ここで案内しているハートと「いつくしみ」については、基本的に「基礎クラス」で学ぶことができます。

・女性にとっては、出産や子育てに。
・社会人の方にとっては、仕事の問題を解決することや、物事をスムーズに運ぶために。
・経営者の方にとっては、事業をあきらめずに続ける心意気を保つことや、創造力を活かしていけるように。
・アスリートの方、スポーツに関わり指導、従事している方にとっては、心身の調整や個人のレベルの向上、チームワークを高めることに。


らいおんハート X Vision では、これらの内容を、より作用性の高いものとして必要な方々に案内することを理念の一つとしています。日常においてより多くの方が活かしていけるよう、海外を含め、あらゆる分野(スポーツ、学校教育、会社組織など)を通して継続的に伝えています。

>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。