アスリートと「ハート」一覧

代表選考レース「何が走りに影響したのか」



私は男子マラソンの代表選考レースをテレビで見ながら、
日本人選手が実力を出し切るにはどうしたらいいか、考えていた。

というのも、私の妻は、とにかく駅伝やマラソンを観ることが大好き。
私も半ば、それにつられて、テレビを一緒に見ていた。

選手の走りを見ていると、どうしても独自の見方になってしまう。
その選手の顔色、走り方、その時の状態など様々、全体的に様子をうかがっていた。

途中から、ある1人の選手に着目していた。
顔色も良く、リラックスしながら走っていて、とても落ち着いている。
見る限り、力走型ではないが、勝負どころは30キロ過ぎだと認識しているようにも見えた。

このまま、このリラックスした走りでいけば、もしかしたら、課題のタイムをクリアし、
オリンピック代表の切符を手にするかもしれない。
そんな気持ちを抱きつつ、彼の力走を観戦していた。


明らかに、アフリカの選手たちとは違う走りをしている日本人選手たち。

日本人選手は、走ってる時、どのように意識を保っていけば良い結果につなげられるだろうか?
もしくは、アフリカの選手はなぜこんなにもマラソンに強いのか?
彼らの身体に秘められている特徴を見て、それを日本人に生かすということはできないだろうか?
そんなことも感じながら見ていた。


そして、私が注目していた選手は、30キロ過ぎたあたりから、少しずつ疲れが見え始めた。
足の運びもかすかではあったが、少しずつ遅くなっているように感じる。
次第に、先頭を走る選手とみるみるうちに距離が離れていく。
そのまま彼を観察すると、あることが私の心の中に、ふっとよぎった。

彼は、見るからに冷静な判断ができる選手。
しかし、この代表選考レースが近づくにつれて、少なからず、不安や緊張、その他諸々の、
どちらかというとネガティブな感情を持っていた時間があったのではないか。
もし、そうであったとしたら、このように長いレースになってくると、
後半になってその影響が出てきてもおかしくない。

これは、私なりの捉え方ではあるが、長年、意識と体の関係を研究してきて、
やはり普段の意識の持ち方は、本番に影響が出るであろうと、確実にそう思う。

(同じようなことは、箱根駅伝を観戦したときも感じていた)。


参考までに、以下に私が研究してきた内容の一部を示す。

意識の使い方で、身体や動作にどのように影響が出るのか。


身体は基本的に、身体、感情、精神意識という3つのエネルギー体でできています。
そのため、普段私たちが心に抱えていること、考えていること、捉えていること、緊張感や劣等感、
試合間際の不安な感情など、その意識の状態がエネルギーとなり、身体(同様に体を覆うような形で存在しているオーラ)の中に流れ、蓄積され、身体にかげりを見せるような形で、その動きに影響を与えます。
意識の状態の持続時間と強さにより、身体に対して負荷のかかるようなエネルギーが強く流れていくのです。

感覚としては、身体が重い、身体が思うように動かない、疲れやすい、また筋肉の張りや違和感など。




私が伝えている、身体についての最も基本的な捉え方です。



心で思ったこと、不安、緊張、嘆き、その他はこの図で言えば、感情体の層に流れ込んでいる。
そして、肉体の層と感情体の層は隣り合っていて、これが、感情の影響を大きく受ける理由と言える。
単純に、身体(その他オーラなど)の構造がそうなっているから、身体は感情の影響を受ける、ということなのだ。

競技によって違うだろうが、ハートの呼吸法をどのように活かしたら良いのか。

ハートの呼吸法とは、意識をクリアにできる呼吸法。
簡単に言えば、ハートとは愛そのものであり、そのエネルギーにより、私たちのネガティブな感情は、
中庸(落ち着いた)な状態に変換されていく。

つまり、たとえ、不安やその他のマイナスな感情により、身体が影響を受けやすい状態になっても、
ハートの呼吸法をすることにより、「ハート=愛」のエネルギーが全身をめぐり、
体内の感情による曇りを晴らすようにエネルギーが働いてくれるのだ。
そのため、日常的にこの呼吸法を行なうことは、心身の状態の調整において大変有意義であると感じている。

今日私が見た男子マラソンの代表選考レースで、もし、レース直前に浮かんできた不安などの心境が、
ハートの呼吸法とともにリセットされ、身体と心が中庸な状態へ戻せていたら、
また違った結果があったのかもしれない。
これは、あくまでも仮定の話ではあるが、今後、上記の手法がスポーツの場において
現実味を帯びることに、私は希望を持っている。


人の意識というものは、身体に大きな影響及ぼす。
普段の生活であれば、影響があっても多少は大丈夫かもしれない。
しかし、一発勝負の世界では、普段の意識の持ち方や、抱く感情の調整が、非常に重要な意味を持つ。
そんなことを改めて感じた一日だった。


2019年12月03日

ウィークポイントがあなたを強くする

私の内側に響いてきた言葉を元に、アスリートの方へ、メッセージを兼ねて書きつづっていきます。






プレースタイルが変わる


何が原因かはあなたの内側自身がよく知っている

どんなふうに捉えても
あなたのマネジメントは自分自身で行なうもの

自分の、より高い計画を見てごらん


アクシデントにさいなむときも
とらわれた自分でいるときも
それは皮肉なチャンス


今までとらわれてきた自分を見失いそうになる


自分を確固たる自分として捉え直すときです

どんなに自信が失われてもやり直すチャンスはいくらでもある
自分の囚われを外し 世界を見ることです


あなたの内側にある世界

どんなに求めても、届かないと思えても
知り尽くす時間はいくらでもある


どんなに眺めて わからなくても
「私」の中にいる時間が大切

そのうちにケガをした部分があなた自身を強くする


そのウィークポイントが今は出番なのです

それがあなたを強くする

内側の眠りを覚ましてごらん

すべては内側に眠っている

時間をかけ、よく眺めてみます。

2019年12月02日

先発メンバーを外れて

私の内側に響いてきた言葉を元に、アスリートの方へ、メッセージを兼ねて書きつづっていきます。






狂おしくも
私がメンバーを忘れたのはなぜだろう?

いつも努力してきたはずが
訳がわからない。

寸分狂いなく 間違いなく
練習してきたはずなのに

私が先発メンバーを外れたのは 
何が原因だろうか?


一寸先は闇 
離れた先に何がある?

一通りのことをしてみる その時間?

誰にも分からない この悩み

私に光が差すのはいつだろう?
このまま1人 暗い道?


私は自分に立ち戻る。


それは1人になる時間

今まで見えなかった柱ができ上がる
そういう たとえがあるかもしれない。


今すぐでなくても
扉は見えてくるはず

焦らなくていい

一つひとつ丁寧に
自分のうずくまりを解く

過去の我も 未来の我も 今ここにいる

新しい壁を乗り越える
だからこそ私は 今ここにいる

何があっても大丈夫
苦しいわけではなく
未来の扉が開く約束がある

だからこそ今の私に 今の状況があるのだ

私はここを脱していく
古い扉はもうこりごりだ
約束の扉を開くまで 前進あるのみ。

2020年02月07日

挑戦したいあなたへ

私の内側に響いてきた言葉を元に、アスリートの方へ、メッセージを兼ねて書きつづっていきます。




挑戦してほしい


穏やかにあなたの内側で起こっている戦い

そのレベルはどれぐらい高いと思いますか?


加熱するあなたの内側の戦い
どうして自分はもっとプレーがうまくできないのか?
自信がなく一生懸命に練習するその姿


あなたの内側はもっと素晴らしい選手

自分ではまだわからないかもしれない


あなたの内側にはまだ見ぬ桜が待っている

たいした良い言葉では無いかもしれない

実践あるのみである

あなたの内側には「私」がいる
「私」にしかわからない作図がある


どのようにしたらよいかわからない日常でも
必ず答えは「私」の内側にある

それを求めてください

人との比較は一切いらない


自分にしかわからないあなたのナイーブさ

それを手に取るように見てごらん

あなたにしかわからない答えが必ずあります





いかがでしたでしょうか。

私自身、学生のときは野球部に所属し日々練習に明け暮れていました。
高校時代、私がどのようなに日々練習をしていたかというと、ある意味不安を抱えながらであったと思います。
その理由の一つは、右肩の故障です。
満足にプレーができない日々。
そしてさらに、孤独を抱えながら仲間と共存することの難しさも感じていたと思います。

今の私が、高校生の私にこの文章送りたいと思ったのは、一筋の光が差し込むように感じたからです。

暗闇の中、何が正しいのかもわからず練習に明け暮れた日々。
しかしそれらは、ある意味、惰性の中で過ごす日々でもありました。

自分の内側に潜んでいる心の闇と、また自分の内側にある才能や特質とはどんなものなのか。
くり返される日々の中、新しい捉え方ができずにいたように思います。
自分にしかわからない才能というのはどのようなものなのか。
今考えてみれば、私にとってそれは野球というものではなかったかもしれません。
しかし、その当時の体験があったからこそ、それらをふり返ることにより今の仕事に大いに生かすことができています。

自分の痛みを知ることで、そこから先に進むことができるのです。
すぐに答えが分からなくても、時間の経過とともに生かされるタイミングが来ます。
ですから、今体験していることは誰にとっても無駄にならないと思うのです。

さて、「挑戦したいあなたへ」という題名から、みなさんはどんなことを想像しますか?

何に挑戦する?
スポーツをしている方にとっては、さらにプレーが上手くなることかもしれません。
しかし、ここで案内した内容からすると、それは、がむしゃらに練習をしていくことにより得ていく結果ではないように思います。
自分の内側のナイーブな部分が、ポイントにもなってきます。
そこは、ある意味弱い部分かもしれません。
もし、自分自身のナイーブなポイントに気づくことができたら、ゆっくり時間をかけて見てあげることが大切です。

怪我をするとき、物事がスムーズにいかないとき、自分の内側を見直すチャンスです。

壁にぶつかるように感じたとき、その先には必ず「まだ見ぬ桜が待っている」。

桜は、季節がめぐり春になればおのずと咲くものです。
私たちも同じように、焦らずに季節がめぐることを待つことが、大切なときがあります。

「挑戦するあなた」には様々な才能があります。
その才能は、私たちの内側に確実に眠っています。
そしてそれらは、意識の向け方次第でも覚醒を迎えていくことになります。

必要なときには、自分の内側に意識を向けていく。

この大切さを今回は案内させていただきました。
この文章から感じ取ることは、人それぞれであると思います。
この文章を読んだとき、そのタイミングで感じたことを大切にしてくださいね。



2019年12月01日