ライアー弾き語り奏者・セラピスト

股関節のワークというテーマでFirst Wakeと同じ内容の講座を終えた
はせがわともみさん

裕樹さん、去年から全3回での股関節へ働きかけてゆく
いつくしみのワーク1年かけてありがとうございました。

わたしが左の股関節が硬く、女性性と深く向き合って取り組んでゆく必要性を感じていたときに、葉山の「ほしはなまつり」にて裕樹さんにプチセッションを受け、左の股関節ですとズバリ指摘していただいてから3人のアーティストが同じテーマで集って股関節のワークを逗子まで出張して教えてくださる流れになり

運命的な集まりだったなーと、去年の3/10あたりの「ほしはなまつり」から始まった流れが1年後の3/11に終わってみて、しみじみ感じます。

終わってみて『いつくしみ』とマリア、女性性、
わたしをいつくしんでゆく流れ
1年で、本当に変化したのかもしれないと、
自分で言うのもなんですが感じています。

ほぼ毎日瞑想してました。気がつく限りはひだり股関節にいつくしみをおくったり、よい瞑想ができないときもありましたが、苦しいときほど瞑想にはむかいました。まあ10分程度ですが…

フランスへのTwin Mariaとの旅、
モンサンミッシェルへ
帰国してからArchangel Michaelの版画制作、個展を経て

描くことで、マリアも、夜叉も、ミカエルもわたしのなかにあることが体感としておこりました。バイト先やまわりに何を言われても自分である感覚がはっきりと出来上がってきました。今までそれを求めていましたが今はそれとともに在ります。そんな感覚です。

気づけばバイト先の環境も、いつくしみを流してゆくことで、半年後には人数が増え制服が変わり、シフトも楽なものになり丁寧に仕事ができる環境へと変化していました。

わたしの内的な意識もわたしの肉体も、外側のわたしをとりまく環境も、柔らかくまたダイナミックに変化してくれていたことに、最終回のシェアリングではっきりと感じました。

ともに3回のワークに取り組んだ同期のアーティスト仲間のみんなも、とても変化しているのを分かち合えて、嬉しかったです。

まだまだ、取り組み続けるテーマもあります。これからはハートの呼吸、いつくしみを意図して「ドアtoドア」を引き続き、この現象界で喜び生きてゆくための助けとして絡まる思考や行き詰まりそうなとき、結論が自分では出せない迷える場面で日々使っていきながら

自分をいつくしんで、愛として美を表現して
生きていきたいなと思っています。

裕樹さんともにいつくしみのワークを分かち合えたアーティスト仲間の2人にありがとうございました❣️*\(^o^)/*m(_ _)m

感謝を込めて…

はせがわともみ

2018年09月25日