第一幕 やる気が失せたら箱根よ

時は2017年10月。思い立って出たひとり旅。それは思いもよらぬ体験の連続でした。
私が自分との対話をどのように行なっているのか、この旅を通してお見せいたします。
新しい日常に出ていく時。
自分の内側からやってくるささやきに耳を傾けていくことは、ときに重要なことでもあります。

この旅行記のなかで、大いに自分自身と対話して得た体験を、心ゆくまでお楽しみください♪




10月に入ったとたんに、なぜだろう。やる気が失せた。
どうしてこんなことが起きているのかもわからずに、ペンを執っていた。
「箱根に湯治を兼ねて、一泊旅行。」と書いていた自分……

「箱根?箱根のどこだ?」
そんなことを言われたら、どうにもすぐに出かけたくなってしまう性分。

出発を2日後の10月4日と決めた。
秋分の日をまたいで約10日間、家の大掃除を行ない、17年間全く手つかずだったほこりが高く積もった場所まできれいにして。それも「あきがくるまで大掃除。」という言葉を受け取っていたものだから、「秋が来るまで」か「飽きがくるまで」か、はたまたその両方だろうか。実際に大掃除が終わったら本当に何もかもに飽きてしまったような感覚になっていた。

だから、2日後なんて言わずにもう次の日から行きたかった。
その次の日の朝方4時ころ。右足首から指先への猛烈なかゆみ。つらい。ボリボリ掻きむしり……
アイフォンを片手に、他にどこか出かけるところはないだろうかとネットで検索するもピンとくるものは見当たらず。
気づくと再び眠りに落ちていた。

耳元でささやきかけられるような、「美ヶ原高原にいらして」という言葉。
ベッドから起き上がるとすでに9時を回っていた。

「美ヶ原高原かあ、いったいどこにあるんだ?」
ネットで調べてみる。

「ずいぶん箱根(強羅)から離れているじゃないか。ちょっと無理か…」
でも、それほど離れていないところに諏訪湖があることが判明!
諏訪湖で一泊すれば、そこから強羅に向かうとちょうど通り道に富士山があるはず!

なるほどー、そんなロングドライブもありかもな。
そんなことを考え、2泊3日の旅行の準備を始めている自分。

よし!行っちゃおうか!

今晩の諏訪湖の宿はまだ決めず、とりあえず美ヶ原高原に向けて車を走らせた。


自宅から美ヶ原高原 185km


地図右下の川越から左上のピンが立っている辺りが美ヶ原高原。
その下方にあるのが諏訪湖。


第二幕へつづく。

2019年04月06日