プロフィール

井上裕樹(いのうえひろき)


埼玉県ふじみ野市生まれ。
カトリックの家系に生まれる。幼児洗礼を受け幼少時代から教会にはよく通いました。10代後半から、クリスチャンの両親に生まれたことの意義を考え始め、長い年月に及び自己探求を重ねてきました。

20代後半から、専門学校で整体と気功を2年間学び、卒業と同時に都内のクリニックに入社し、西洋医学を学びながら5年間の実務経験を得ています。独立後、魂の導きを得て様々なことにチャレンジをするようになりました。自分のハートを通して答えを出すようになり、その頃から、目に見えない存在とのやり取りを行なうようになっています。

リーディング(霊視)や目に見えない存在からメッセージを受け取る手法などを使い、数多くのクライアントをカウンセリングしてきました。カウンセリング内容は、「自分が本来やりたいことを明確にする」ことを主な目的とし、母子・家族・人間関係について、仕事や人生の転機、結婚や恋愛、家系や土地の癒しなど多岐にわたっています。

カウンセリング業のかたわら、自分自身を癒し、気づきを深めてゆく手法を伝える講座やセラピストを育成する講座を多数開催し、その他、美容と健康のための子宮のワークや自作の歌による「Sounds Bless 歌と声のワークショップ」なども開催しています。講座やワークショップでは、その場の参加者に合わせて内容を変化させ新たに展開していくことを得意としています。

詩を書き、作曲して歌う、自然の写真を撮ることなどをライフワークとして楽しんでいます。日夜、健康と意識の改善のために、新しい手法を研究し世の中に発表し続けています。2017年8月には待望の書籍「いつくしみ」の活用法についての実践本を出版しました。また、自ら作曲した「ゆるし、そして祈り」は、英語バージョンも出来上がり英語圏の方とも歌を通して触れ合う機会を準備しています。
近い将来には海外、特にニューヨークでカウンセリングや講座、WSを行なうことを目標にしています。


初めての出版本

得意技 
・その人にふさわしいメッセージをその場で受け取り伝えること
・メッセージを俳句や和歌にアレンジすること
・メッセージを詩にして書き上げること
・声で人を癒しに導くこと
・人の才能を引き出すこと など