気分や意識の降下に気をつける

「さて、今日の仕事は何をしようかな」


「まずは着替えてからだね」


朝食と歯磨きを終えたあと、ふと発した私の言葉に対して、妻が何気なく答えてくれました。今朝は、布団の中にいるときに内側で浮き上がってきたアイデアがあったため、それを形にするためにパジャマを着たままパソコンに向かっていたのです。


「そりゃそうだ!」と

妻に返答した瞬間に、私はあることをひらめきました。

それは、仕事に向かう前に
「着替えをすることが大切」ということ。

さらには、私がそのことを妻に伝えると、妻は
「家に帰ったときも『着替え』をすることが大切なんじゃない?」

と、言ってくれました。


私たちは、多くのことを身にまとい日々生活をしています。

ここでの「身にまとっているもの」の意味は、日常的に思いめぐらすことや悩みごと、または他の人から言われたこと、叱責を受けたこと、嫌みを言われたことなども含みます。

大切なのは、このようなものを日々リセットしていくことです。自分の内側にあるものは、自分自身の純粋なエネルギーだけでよい、と私は思います。

他の人の意識やネガティブな心の状況は、一種のエネルギーであり、私たちの意識の中に入り込んだままになっていることが数多くあります。そのような状態が長く続くと、何が本来の自分の意識や考えなのか、わからなくなってしまうこともあります。

だからこそ、「着替え」をすることが大切です。1日外に出て、またはテレビやネットから、他の人の意識(気持ち、考え、思い、捉え方)による情報を得たら、家に帰った後に着替えをするように、他の人の意識によるものを外して、自分の意識に立ち戻ることが大切です。

また、仕事や朝の活動を始める前や、自分の意識を整えるために、簡単な「着替えをする」ことも大切だと思います。

たとえば、朝の喧騒の中を通勤してきた場合、または家族の雰囲気が良くなかった場合、外側からの影響を受け、自分の意識の状態が不安定になってる場合もあります。その不安定な意識の状態で、仕事に向かえば、人への対応や作り出すものも、その意識の影響を少なからず受けることもあるかと思います。

そのため、仕事の前にも簡単な着替えをおすすめします。
私が案内している着替えとは、「ハートの呼吸法」ですが、他にもさまざまな手法があるかと思います。意識を切り替えるためにできることや、自分自身の内側を安定させるためにできること、これらを取り入れてみることが大切です。

今日のポイント
:「着替えをすることの大切さ」

私たちは、外からの情報や他の人の意識による影響、または自分の中で日々生み出すマイナスな意識を身にまといがちです。これらを日々リセットして、自分の意識に立ち戻っていくことが大切です。
それにより、仕事の能率を向上させる、人間関係を良好にする、日々の活動をスムーズに運ばせる、表現、パフォーマンスを快活にすることに、より良い影響を及ぼすことができます。

「ハートの呼吸法」の効用について知りたい方は、以下のページをご覧ください。

:ハートの呼吸法の効用とその仕組み



この記事はリンクフリーです。知り合いやご友人、ご家族の方にお伝えしたい場合など、どうぞご自由にシェアしてください。また直接、講習を受けたい、もしくはカウンセリング・コーチングセッションを受けてみたい場合は、お問い合わせ よりご連絡ください。体験版の講習についての案内は、こちら をご覧ください。

井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。