【実際にエネルギーを体験してみる企画 Vol.1~効き目が抜群ワークファイブ】2023年1月15日まで

各種講習の中でエネルギーの扱い方を案内していますが、今後は、各コースを受講していなくてもエネルギーを受け取れる企画を順番に設けていきます。体験企画の第一弾は、「ワークファイブ」のエネルギーです。

このエネルギーは応用クラスのワークファイブコースで扱い方を習得できます。

ワークファイブのエネルギーは、基本的に以下のことに作用します。

  • 心身の調整・疲労回復
  • 意識の状態(メンタル)を調整
    :浮上していくる感情に対処し、希望を選択する、前向きな姿勢を保つ
  • 健康・エイジングケア(美容)
  • 過去の感情やトラウマ、そのほか難しい箇所の調節

アスリートの方や、その他の分野でも以下のことにも活かせます。

  • 肉体と意識の調整・強化、安定性の維持
    :本来の力を引き出し、パフォーマンスの質を向上させる
  • 怪我からの回復、不振からの脱出を早める

そして、今回の企画は以下のような方にもおすすめです。

  • 今年から来年に向けて、何かしら変化を期待している
  • 今年一年のご自身をねぎらいたい方、心身の調整をしたい
  • 興味はあるけど実際に講習を受けるのは敷居が高いなあと感じていた、など

ワークファイブとは

ワークファイブの「ファイブ」とは、5大元素(火、水、地、空、風)のことを指します。5大元素は、人体を構成している主要な要素であって、ワークファイブとは、心身を深くから調整できるように改良を重ね、人が意識を使うことによって扱えるようにしたエネルギーです。
実際に心身の深い部分へ行き届く性質があり(作用性が高い)、ある意味、即効性を感じられる勢いのあるエネルギーでもあります。

エネルギーについて

さて、ここで案内している「エネルギー」とはどんなものなのか。簡単に説明していきます。基本的に、人は意識によって、エネルギーを自分の体内とその場に発生させることができます。

意識とは

ここでの「意識」の意味は、自分の内側で抱く考え、思い、感情のことを指します。

意識の状態よって生み出されるエネルギー

たとえば、落ち込んでいるときや、何かについて悩むとき、身体が重くなるのを感じたことありませんか? その体感した重さこそが、意識によって体内に発生した(生み出される)エネルギーです。

反対に、人に感謝をしたり、人から感謝をされたりするときなど、愛に関連する意識を使う場合は、胸の内側が温かくなる、もしくは身体は軽くなる感覚があるかと思います。

講習で伝えていること

各種講習では、「ハートの呼吸法」とともに適切な意識を使い、上記の内容と同様の理論で、体内にエネルギーを発生させる手法を伝えています。

体験企画の意味

意識の使い方によって、体内にそれぞれのエネルギーが発生するのは誰にとっても共通することであり、多くの人がそのことを体感しているかと思います。しかし、意識やエネルギーというのは、目に見えるものではありません。

本ホームページで案内しているように、心身の状態を回復させたり、調節できるエネルギーの生み出し方を学ぶといっても、実際にそれがどのようなものかわかりにくいかと思います。
そのため、今回は体験企画を作りました。気軽にワークファイブのエネルギーを取り入れて、その作用を存分に味わってみてください。

どのように体験できる?

次に、どのように体験できるかを簡単に説明します。
講習を通してワークファイブのエネルギーの扱い方を習得する場合は、いくつかの手順を踏みながら、自分の意識を使いエネルギーを発生させますが、今回は、より簡単にエネルギーを体験(体感)できるようにしています。

  1. リラックスした状態で座るか、横になります。
  2. 数回ゆっくり呼吸をして、内側(意識)の状態を少し整えていただいきます。
  3. ワークファイブのエネルギーを受け取るために必要な文言を「意図」(心の中でその言葉を唱える感覚、実際に言葉を発してもよい)していただきます。
    ※意図する文言は、申し込みをした方にお伝えします。
  4. その後5~10分程、座るか横になった状態でゆったり呼吸をしていてください。その場にいるだけで、おのずとワークファイブのエネルギーが、体内に入ってきます。

そして、充分にエネルギーを受け取ったと思えたら、ゆっくり日常生活に戻ってください。

エネルギーを受け取れる期間

今回は、一人ひとりにゆったり体験していただきたいため、1週間続けて(希望者は2週間も可能)ワークファイブのエネルギーを受け取れるように設定しています。エネルギーを受け取る回数は、今回は一日に一回くらいにしてください。薬を服用するときに適量があるのと同じです。
また、受け取り始めてから、1週間、もしくは2週間(申し込みをした期間内)を過ぎた次の日から、エネルギーは届かなくなります。

注意ポイント

各自希望した期間を過ぎた後に、無理にワークファイブのエネルギーを受け取ろうとはしないでください。
エネルギーは、基本的に意識の設定のもとに動く(働く)という性質があるからです。
また、不適切な意識の使い方をしていると、それと同じ質のものを引き寄せてしまう可能性もあります。
たとえば、1週間を希望して申し込んだあとに、もう少し受けてみたくなった方は、改めて延長を申し込んでください。開催期間内であれば可能です。その際の費用は、差額分(2500円)になります。

開催期間

12月22日~1月22日の約1か月です。申し込みは、12月16日から受け付けます。申し込みが完了した方は、上記①~④の案内に従って、ワークファイブのエネルギーを受けとってみてください。

どのように作用する?

体内に取り入れたエネルギーは、自然と必要な箇所(部位)に行き届き、その部分の調整をしてくれます。また、効き目はそのときだけでなく、その人の状況によっては、時間をかけて効いていく場合もあります。2,3か月後になって「あのときのワークファイブのエネルギーがよかったのかなあ」と思うこともあるかもしれません。

気軽な気持ちでどうぞご応募ください♪
私自身は、ほぼ毎日ワークファイブのエネルギーを使って自分の心身を整えています。私の両親もたまに、このエネルギーを受け取って心身の調整に活かしています。

同時進行の企画「2023年に向けてのメッセージ承ります」と合わせての申し込みも、おすすめいたします。

エネルギーを体験してみる企画 Vol.1~ワークファイブ

エネルギーを受け取れる(開催)期間:2022年12月22日~2023年1月22日まで

申し込み期間:2022年12月16日~2023年1月15日まで

費用:①1週間(7日間) 4500円
   ②2週間(14日間) 7000円

※申し込みの際に、①もしくは②のどちらを希望するか明記してください。

※お支払いは、銀行振り込みにてお願いいたします。申し込みいただいた後に、返信メールにて振込先をお知らせします。(「2023年に向けてのメッセージ承ります」と合わせて申し込みをする方は、振り込みを一つにまとめることもできます)

申し込みの後の流れ
申し込み後、お振込みが完了した時点で、上記で案内したエネルギーを受け取るための手順と、エネルギーを受け取るための文言(意図する言葉)をお知らせいたします。
その後、開催期間内でご自身の始めたい日程を選んで、エネルギーを受け取り始めてください。受け取り始めた日が初日となり、申し込み内容に応じ7日もしくは14日を過ぎると、エネルギーは自然と届かなくなります。

実際にエネルギーを体験してみる企画 Vol.2 】は、1月中旬ころを予定しています。どんなエネルギーかは、次回をお楽しみに♪♪

申し込みは「お問い合わせ」のページからお願いします。すでに個人カウンセリングや講習を受けたことがある方は、LINEやメッセンジャーからのお申し込みでも承れます。

ワークファイブコースについての詳細は、以下のページから必要に応じてご覧になってください。

応用クラス:作用性の高いエネルギーの扱い方を学ぶ
ワークファイブコースの事前案内


>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。