自分の内側には、答えが常に届いている

どのように生きていったらいいのか、何をしたらいいのか。この問題はどのように解決したらよいのか。これらの答えとなるものは、自分が知らないうちに(心の)内側に届いていることが多くあります。

不安な感情が内側にあると、頭でさまざまなことを考えてしまいます。
そのため、もし、上の案内のように自分の内側から現実への解決策となるもの(メッセージや答え)が届いるとしても、頭で考えていることや不安な感情が入り混じってしまい、何が本当の答えなのわからなくなってしまうことが多くあるかと思います。

だからこそ大切なのは、自分の内側で本当の答えを探していくこと。日常を通してそれに気づくこともできますし、ハートの呼吸法をすることによって、答えをよりクリアに見定めることができます。私がお勧めしていることはこの部分です。

答えを受け取っているけども、「そんなことはない」と否定してしまう自分がいると、ドアの向こうにある答えを実体があるものとして捉えることが難しくなります。。

下の図をご覧ください。


図1


「ケーキがある」というフレーズにはさまざまな意味合いを込めています。もう一つ下の図をご覧ください。


図2


私たちの内側には、「本来の自分自身」という魂としての自分がいます(この内容に関しては「基礎クラス」のページで詳しく述べています)。そして、日常のあらゆる機会を通して、日常を生きる自分自身に、オファーをしています。「こうするといいよ」「こうしてみない?」と。そして必要なタイミングでは、大きな場面変換を少し力強い形でしてくれることもあります。

内側から何かメッセージのようなもの、もしくはヴィジョン(ひらめきに近い形で)が届けられた場合、それらが消え去ってしまうことは基本的にないと、私は捉えています。日常的に抱く不安や細分化していく考えなどが、自分の中にある本来の答えをおおってしまうことがあることは確かです。

だからこそ、そのようなときに「ハートの呼吸法を使うこと」を私はお勧めしています。さまざまな感情(不安や怒り、ねたみなど)や固定観念などによって、新たな展開に向けた答えがおおい隠され、見えなくなってしまうことが多くあります。しかし、ゆっくり呼吸法をしていくことにより、おおっていた雲のようなものはとかされていき、おのずと必要なものが浮かんでくるようになります。

先ほどの図には、もう一つの展開があります。自分の内側で感じていることをあらためて手に取り、実際に行動に移していくとどうなるか。


図3


ここで表している扉は、自分が求めているものがどのようなことかによって、開きやすさが変わることがあります。なかには、気づくことにより、ほんの少しの勇気があれば行動に移せることもあります。しかし、その扉の向こうにあるものが、その人にとって人生の中の深いテーマである場合は、簡単に開くことができないこともあるでしょう。

その場合は、時間をかけて自分自身と向き合っていくことが大切になってきます(「カウンセリングアイアム」の手法を活かす)。とくに、心の奥深くで望んでいるのに、それがなかなか現実になっていかない場合など。私の場合は、自分の思いを形にすることへの恐怖があるために現実にならないことがたくさんありました。たとえば、出版、詩や歌を通しての表現、英語を使い仕事をすること、また自分が求めているパートナーとの出会い、結婚など。しかし、時間をかけて少しずつ自分の内側にある、外に向かうことへの怖さ(=新しい扉を開くことに対し足止めしているもの)を見つめ、癒やしていくことにより、一つひとつの扉を少しずつ開いてきました。

このときにも、本来の自分から届けられてくる案内に希望を託して、現実の日常生活を歩んできました。何が言いたいかというと、日常のささいなことに対する答えを受け取り、それを日常の中に活かしていくこと。図3のような基本となることを一つひとつくり返すことにより、大きく重く感じるような扉(無理だと思ってしまうことであっても)を開くことにもつながっていくということです。

この記事を書くきっかけも、ほんとうにささいなことでした。日常の中でうっすらと私の内側に届いてきた簡単なヴィジョンを、数日の間に組み合わせていき、書きつづりました。朝食のときにふっと入ってきた感覚を図に応用する、内側に届いた内容をノートにメモする、布団の中で捉えたことをその場でスマートフォンに打ち込むなど、内側で捉えたことをそのまま活かしました。

自分の内側で受け取っていく内容は、このような形でも活かしていくことができます。この記事がみなさまの参考になれば幸いです。




本来の自分とやり取りをしていくことに興味がある方は、まず「基礎クラス」がお勧め


「基礎クラス」と「カウンセリングアイアムの基礎的な内容」を組み合わせたクラス


人生の深いテーマを自分でカウンセリングしていくときに役立つ手法



>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。