ワークファイブコース


まず、ワークファイブとは。
ファイブとは5大元素である、水、火、空、風、土、のことを表しています。
そして、この5大元素を効果的に使うために作り出された手法を『ワークファイブ』と名付けています。
ハートや「いつくしみ」のエネルギーと同様に5大元素も、この地球上、そして宇宙空間に存在しています。
そして私たちはハートをベースにし、意識を使うことによって宇宙に存在しているエネルギーを導くことができます。

私たちは日常的にこの5大元素を、野菜やお米などを通して摂取しています。
この野菜やお米は、太陽の光を浴び、土の中に含まれた水分吸収し、風により空気の循環が起こされて、自然に実となり、形となるものです。ワークファイブで扱うエネルギーは、この5大元素の質を持ちながら効果的に働くように作られたものです。

私たちの肉体には、今まで体験してきたことの全てが刻まれています。
それらが私たちの内側の奥深くにしまわれているため、日常の多くの場面でそれらが障害のようになることがあります。
例えば、アスリートの方の場合。
それらが肉体の動きを狭めてしまいます。なぜなら肉体と、過去に体験してきた感情は、大変密接に関係しあっているからです。
このことは非日常的なことではなく、私たちが生きている日常の中で自身の意識に大きな影響を与えています。
ワークファイブには、このような心の奥に忘れ去られた感情にも洗い流すかのごとく、効き目を表していきます。
さらには、内側に眠っている才能へもやわらかく、かつ浸透力を持って行き届いていくのです。

1 自分自身のために、エネルギーを扱う技術。

 基礎講座

基礎講座では、ワークファイブの根幹となる基礎理論を習得します。
ますは、5つのそれぞれの元素について、その存在意義と、そのエネルギーを扱うことによるメリットを案内していきます。そして、一つひとつの元素に意識を合わせ、呼吸法とともに、それぞれをエネルギーとして取り入れられるよう案内をしていきます。呼吸法とともに体感する5つの元素は、想像以上に胸の内側で感じることができると思います。
そして、5大元素が、本来は5大天使そのものである、ということも案内していきます。
人が天使のことを考えるとき、人格的な資質を思い浮かべるものですが、ここで案内する大天使は人格的な要素を持っているわけではありません。地球上にある、一つの元素、例えば、水であれば、それはすべて、ガブリエル大天使の領域にあるものなのです。
日本には、水に関連する神さまが存在しますが、ここで案内するガブリエルと同じ質を兼ね備えていると捉えることもできるかと思います。
5大元素をそれぞれ体感した後に、今度はそれぞれの大天使のエネルギーとつながり、それらを扱えるように呼吸法とともに案内をしていきます。人それぞれに、密度の濃い体験をするかと思います。
このクラスの中で学んだエネルギーは、日常の中でより有意義に扱えるようになります。
水-ガブリエル 大天使
火-ミカエル  大天使
空-ラファエル 大天使
風-ウリエル  大天使
地-サミュエル  天使
※ 五大天使と書いていますが正確にはサミュエルは大天使の階級ではなく天使です。

基礎クラスで学ぶのは、ここまでです。
しかし、この内容には、私たちにとって非常に大切なものが含まれています。
なぜなら、5大元素は私たちの肉体を構成している、根本的な原材料だからです。
エネルギーの観点から見つめたとき、この5大元素がなければ私たちの肉体は存在することができません。
逆の考え方をすれば、このエネルギーを扱っていくことができるということは、思考し、活動し、その他のことでエネルギーを失いがちな私たちにとっては、非常に有益なことと言えます。

受講の内容

・ハートについての概念の確認。{いつくしみ}の呼吸法の復習。
・ 5大元素について知る。(水・火・空・風・地)
・ 5大天使の概念を理解する。
・それぞれのエネルギーを理解し、活用の仕方を学ぶ。エネルギーを効果的に扱えるよう呼吸法の中で伝授。
・ 1つの経絡について学ぶ。:ツボ(経絡)を介し、エネルギーを循環させる。
※ ハートと「いつくしみ」を学ぶ基礎クラス修了者対象です。

要項

<受講費・履修時間>
180,000円/6時間
※基礎講座のみを受講することも可能です。
※分割でのお支払いも可能です。

<学習期間>
約2ヶ月

 


 本講座

基礎講座で学んだことを土台とし、エネルギーの扱い方への理解をさらに深めていきます。
自分自身のためにワークファイブを使い、日常生活のあらゆる場面で実践し、また自己調整ができるようになることが主な目的です。
基本となるハートの呼吸法、「いつくしみ」の呼吸法をくり返し実践し、5大元素と「いつくしみ」のエネルギーの取り入れ方や扱い方を身につけていきます。同時進行で、東洋医学の経絡理論をベースにつぼの取り方や位置を学び、効果的なエネルギーの扱い方ができるよう、確実に伝授してきます。そして最終的には、このコースで学ぶ、ある意味、特殊技術を日常生活の中で、それぞれの目的に応じて活かしていくことができるようになります。

受講の内容

◇呼吸法の復習、ハートと「いつくしみ」の概念の確認。
・ハートの受盤ディスクについて など
◇ワークファイブの概念と理論
・5大天使との関わりはなぜ大切か? 
・ワークファイブとは加勢力学 
・ワークファイブとライトボディワークファイブ、2種類のエネルギーについて学ぶ。
・素粒子の原理について学ぶ。 
◇東洋医学 経絡理論
・主要12経路のツボの位置、取り方を学ぶ。
・呼吸法とともにワークファイブ、ライトボディワークファイブ、「いつくしみ」のエネルギーをエネルギーの介入口から体内に取り入れる手法を学ぶ。
・内臓や器官など、簡単な身体の解剖を学ぶ。
◇潜在意識の浄化の大切さを知る。(インナーチャイルド・過去世)
・セルフヒーリングの実践
・ケースワーク
・身体と感情体、オーラ層の仕組みを学ぶ。
・才能と能力の開発。講座の後半から終盤に向かうにしたがい、受講者の才能別に使い方を提案。
※ ハートと「いつくしみ」を学ぶ基礎クラス・ワークファイブ基礎講座修了者対象です。

要項

<受講費・履修時間>
1,204,000円/36時間
※この中に基礎講座の受講費と履修時間が含まれています。
※基礎講座のみを受講することも可能です。
※分割でのお支払いも可能です。

<学習期間>
約12ヶ月



2 自分と、人のために、エネルギーを扱う技術。

セラピストのためのクラスでは、どのように受け手のために流していくか、その他セラピストとして有用な技術を学んでいきます。
自分自身のためにエネルギーを扱う講座の内容にプラスして、エネルギーワーク、メッセージを受け取る技術、読み取る技術も深め、セラピストとしての技能を高めるための実践も交えていきます。
また、セラピストのためのクラスでは、カウンセリングアイアム クラスの基礎部分を必須科目としています。
人にエネルギーを流すときに重要なのは自分自身を癒す手法を知っていることです。
人にエネルギーを送っているとき、自分自身の内側が癒されていないと相手からの負のエネルギーを受けてしまいます。
この点は最も大切なポイントです。
自分を見つめていくためのセルフカウンセリング法を学ぶことは、自身の技術を安定して使っていくためにも非常に大切です。

受講の内容

【自分自身のために、エネルギーを扱う技術】の内容プラスα
◇ライトボディワークファイブを施術に活かすための実践練習
・施術中に届くメッセージは意識の変換に大きく役立つ【ボルテックスワード】
・クライアントのニーズや症状により、どのように施術を組み立てるかケースワーク など
◇リーディング・チャネリングの実践と応用
◇新しく生まれた能力を活用、応用させていくために
◇セパレーションのテクニック・施術後に自分自身に戻る方法。クライアントから引き受けてしまうエネルギーの抜き方
◇カウンセリングアイアムの基礎内容を習得
・自分を見つめていくためのセルフカウンセリング法
・自分の技術を安定して使っていくために。
※ ハートと「いつくしみ」を学ぶ基礎クラス修了者対象です。

要項

<受講費・履修時間>
2,204,000円/69時間
※この中に36時間分の本講座が含まれています。
※分割でのお支払いも可能です。

<学習期間>
約24ヶ月




ワークファイブの具体例 効果的な手法

ワークファイブを使いどのような効果を出すことができるか。
どのような分野に生活かしていくかによって、捉え方も変わりますが具体例を案内していきます。

 「加勢力学」という観点

ワークファイブ自体のエネルギーは、他の各種講座で扱うエネルギーに比べ、勢いがあります。
そのため使い道に関して、ときには注意が必要です。
身体の奥深くなど、届きにくい箇所へ届けるためには大変有用なエネルギーです。
ワークファイブの特色は、奥深くにある感情やトラウマを深く癒していくことができるところにあります。

 勢いがあるからこそ「いつくしみ」のエネルギーも扱う。

その反面、繊細な感情などが引っ張り出されてくる効能があるため、ときに、その反応に対し戸惑うことがあります。
身体の状態が好転していくという観点から考えれば、これは非常に素晴らしい反応ですが、本人が体験する感覚はなかなか耐え難いものであることもあります。そのため、原則として感情の癒しに細やかに作用していく「いつくしみ」のエネルギーをともに扱っていきます。このように、バランスよくエネルギーを重ね合わせていくと感情が浮上することによる体感する辛い症状は、非常に少なくなります。効き目も即効性があり、身体の症状はやわらかく解かれていきます。
また、それぞれのケースによってもワークファイブの効き目の現れ方や、身体を通し感じる反応は様々です。

 肉体や意識に大きく影響を及ぼしている、トラウマなどを深く癒す。

トラウマや繊細な感情など、身体の奥深くにとどまっていたものが引っ張り出されてくる。
このことがなぜ身体の状態が好転していく、と考えられるのか。
このことについて、もう少し説明します。
例えば、子どもの頃に長い期間、思い悩んだことがある場合。
その時に生み出している感情のエネルギーは、オーラの奥深くへと潜んでいきます。


これらは、長い間身体の深部に潜んでいたため、固い遺物のようにもなっています。
例えで言えば、アルミホイルをクシャッと丸める感覚が、一つの感情がオーラの感情の層に発生してくる様子に似ています。丸めたアルミホイルに、さらにアルミホイルが合わさっていくと、それは少しずつ固くなっていきます。
この様子は過去の感情が少しずつ降り重なり、それらが時間の経過とともに塊のようになっていく状況に似ています。
オーラの中にこのような過去の体験による感情が眠っていると、私たちの日常に大きな影響を及ぼしていきます。
表面的に浮かび上がってきてない場合は特に何もないように感じますが、実はうっすらと日常の中で影響を及ぼしていることがあるのです。

 アスリートへの具体的な効果

例えば、アスリートにとって。
肉体の動きを制限することにつながります。なぜなら感情の層に埋め込まれた、先ほどの塊のようなものは肉体のアンバランスさに深く関連しているからです。股関節や膝の痛み、各関節の可動域の低さ、動きにくさ、骨盤の回旋に関すること、このようなことにも大きく影響を与えます。
また、プレー中に発作的に引き起こされる感情的な問題や日常においても、意識の不安定な状態が続くなど心理的なことに関しても大きな影響を及ぼすのです。

 深い部分の感情の癒しで障害が外れる

内側に潜んでいる感情の問題に対して取り組んでいくことは非常に繊細な部分でもありますが、大変有益な結果を生み出すことにもつながります。
一つひとつのプレーの中での動きに関して言えば、身体が今まで以上に動くようになることは普通に起こり得ることです。
感情の塊みたいなものが身体を動かすためのブロック、ある意味、障害のようになっているからです。
そしてこのことは、意識の使い方にも大きな影響を与えます。

 ゆらぎの法則

不安定な状態ではない意識は、エネルギーの観点から言えば非常に自由な状態です。
自分の状態がどのようであるかによって、身体の動きは大きく変わります。
今までできなかった動きが急にできるようになることもあるでしょう。
引っかかってた部分が取れるわけですから。

 気軽に。日々を楽しむように。

ここまで案内してきた内容は実に専門的なでもありますが、ワークファーブの手法は、気軽に日常の中で様々な形であらゆる分野へと活かすことができます。
・簡単なエネルギー補充に。
・肉体疲労を回復に。
・肉体の強化に。
また、皆さんそれぞれに内側から浮かんでくる活用法が少なからずあると思います。
じっくり試しながら、自分なりの活用法を見い出してください。
卒業生の中には、農業に活かしている方もいれば、歌に活かしている歌手の方もいます。

ライトボディワークファイブは、自分自身のため、施術する相手のため、それぞれ大いに活かしていきましょう。

お支払い頂いた受講費について

途中で講座を取りやめた場合、連絡をいただいた時点で残りの講座料金を計算し30%分を返金いたします。
受講中のエネルギーサポートや準備等に係る相応のエネルギーを使っているためであり、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

その他、詳細についてはどうぞ遠慮なくお問い合わせください。