ワークファイブコース

ワークファイブコースは、大きく分けて

・自分のために学ぶコース
・自分と、人のために学ぶ、セラピストコース

の2つがあります。

また「自分のために学ぶコース」 は、以下の2つに分かれています。

・ワークファイブ ライトクラス
:シンプルに技術を習得

・ワークファイブクラス
:時間をかけてより深く技術を習得

事前に以下のページをご覧ください。
ワークファイブコースの基礎的な内容については、事前に以下のページで案内しています。まだ読んでいない方は、そちらも合わせてご覧ください。

応用クラス:作用性の高いエネルギーの扱い方を学ぶ
ワークファイブコースの事前案内

※ワークファイブコースを受講する方は、基礎クラスの受講が必須となります。もしくは、同等の内容を他のコースで習得している必要があります。

自分のために学ぶコース

ワークファイブ ライト

ここでの受講内容は、ワークファイブのすべてのコースに共通する基本内容となります。

導入クラス

導入クラスでは、「五大元素についての案内」をします。
この内容を「ワークファイブコースを受講するためのお試し」として受講することもできます。また、その他のコース(アスリート基礎コースなど)でも、ご要望に応じ別途案内することが可能です。

◇基本の復習と五大元素について

はじめに、ハートと「いつくしみ」を学ぶ基礎クラスで身につけた内容を復習・確認していきます。
そして、ワークファイブの根幹となる基礎的な内容、人の身体を構成している5大元素「水・火・空・土・風」について学んでいきます。食物を通しての補給ではなく、5大元素をエネルギー(食物として物質化する前)の状態で取り入れていく有用な手法を案内していきます。

◇一つひとつの元素を身近に感じる

本来、私たちの身体は5大元素が主要な構成要素となっているため、5大元素は必須のものと言えます。だからこそ、一つひとつの元素を意識的に取り入れていくことは、重要なことでもあるのです。
たとえば、

  • 心身を調節する
  • 肉体を強化する
  • 疲労を回復させる
  • エイジングケアに用いる、など、

有効活用できます。

はじめのステップとして、ハートの呼吸法し、その落ち着いた状態の中で一つひとつの元素に意識を合わせ、それらのエネルギーを取り入れていけるよう案内をします。呼吸法とともに体感する5つの元素は、想像以上に感覚を通して捉えられると思います。

◇ツボを介してエネルギーを取り入れる

「ツボ」(鍼灸や整体などでも用いているもの)は、身体に存在しているエネルギーの出入り口のようなものです。そしてこのエネルギーの入口であるツボから、上手に意図を使うことによって、まずは一種類ずつ元素を取り入れる手法を学びます。

◇ツボの名前は知らなくても取り入れられる

このコースでは、ツボの正確な位置や名前を知らなくても、エネルギーを取り入れられる、と伝えています。「経絡とかツボとか覚えるのが苦手」という方もいらっしゃいますが、まったく問題はありません。基本的に意識の使い方によって、エネルギーの流れを定めていけます。

◇ツボを使う理由

応用クラスのページでも案内しましたが、ツボを使う理由は「人体やオーラの奥深くまでエネルギーを行き届かすため」です。ここではその詳細について、2つのポイントに分け案内をします。

一つは、ツボを介すことにより各エネルギーに推進力が加わるためです。下の図を参照してください。ツボはエネルギーの入口としては、非常に小さな穴のようなものですが、各エネルギーはそのツボを目がけて回転するような感じで入ってきます。要するに、エネルギーは回転速度を上げるかのようにツボから体内へ入り込んでいくのです。

そして2つ目。人体には膨大な数のツボがありますが、それらは基本的につながり合っており、身体の各部位(器官や臓器、必要な箇所)へエネルギーを運ぶ回路のようなものを形成しています。そのため、ツボを経由することで、必然的に各エネルギーが身体の奥深くに行き届きやすくなるのです。

◇5大元素を取り入れることの有用性

エネルギーの観点から見たとき、この5大元素がなければ私たちの身体は存在できませんが、反対に、日常を通し体内のエネルギーを失いがちな私たちにとっては、このエネルギーを扱っていけるのは非常に有益なことです。

睡眠をとること、身体を休めること、食事をとることによっても、身体を回復させる、またエネルギーを補給できます。一方、このコースで案内しているのは、心身のアンバランスさを効率的に改善していくための技術であり、5大元素をエネルギーの状態で扱うことによってそれが可能になるのです。同様に、肉体を強くしていく、または体質を改善していくことも可能です。

下の図は、5大元素をバランスよく摂取していくと、安定した意識と肉体が作られていく、というイメージを表しています。

この元素の配置は、必ずしもこの配置でなければならないということではありません。5つの元素のバランスが大切であることを示しています。

ワークファイブとは、この「5大元素を作用性の高いエネルギーとして扱えるよう開発した技術」であり、手法自体の名前にもなっています。

ここまでが、導入クラスの内容になります。

導入クラスの受講内容

◇ハートと「いつくしみ」の概念の確認・呼吸法の復習
◇ハートの受盤ディスクとしての機能
・ハートがエネルギーを生み出すときの土台の役割をする
◇5大元素(水・火・空・地・風)について
・それぞれのエネルギーを理解し、活用の仕方を学ぶ
(エネルギーを高い密度で扱えるよう呼吸法の中で技術を受け渡します)
◇ツボ(経絡)を介し、エネルギーを循環させる手法

※先ほど案内したように、ここまでの内容(履修4時間分)を「お試し」として受けることができます。受講費などに関しては下記の要項をご覧ください。


そのほかの基本受講内容

ワークファイブの土台になるもの

次のステップとして、ワークファイブの基本概念と4種類のエネルギー、またその活用法を学んでいきます。

このコースの目的

自分のためにワークファイブの手法を使い、

  • 日常のあらゆる場面で自己調整をしていけること
  • 潜在意識から浮上する過去の過去の感情やトラウマを調整できるようになること

このポイントを大切にして、基礎的なエネルギーの活用術を学びます。

4種類のエネルギーを扱えるようになる

基本となるのは、いつでもハートの呼吸法です。講習の回数を重ねていく中で、4種類のエネルギーの活用法を順番に習得していきます。

・「いつくしみ」のエネルギー
・ワークファイブ
・ライトボディワークファイブ
・素粒子
※「ワークファイブ」とは、このコース(手法)の名前であり、一つのエネルギーの名前でもあります。

このコースでは、ツボの取り方やその位置について時間をかけて案内はしませんが、エネルギーの取り入れ口として主要となるポイントをお伝えしていきます。

授業の中ではエネルギーの性質を活かし、作用性が高まるよう確実に案内していきますが、各自でくり返し、日常で実践していくことが非常に重要です。特殊な技術ではありますが、コースが終わるころには、着実に日常で活かせるようになります。

ワークファイブライトの受講内容

◆導入クラスの受講内容
     +
◇ワークファイブの理論と各エネルギーの活用術
・ワークファイブとは
・ワークファイブとライトボディワークファイブのエネルギーについて
・素粒子の原理について
◇ポイントとなるツボの位置
◇ハートの呼吸法とともに各エネルギーをツボを介し、体内に取り入れる手法
・「いつくしみ」のエネルギー・ワークファイブ・ライトボディワークファイブ・素粒子
◇そのほか、ツボを介さないエネルギーの取り入れ方
◇ワークファイブの活用法をそれぞれのニーズに合わせて案内
◇潜在意識(過去の感情やトラウマ)を整えることにより、秘められている才能・能力・美しさを引き出せることを学ぶ
◇身体とオーラ(感情体の層など)の仕組み
・簡単な身体の解剖を学ぶ
・痛みなど各症状と体内で浮上する感情の関わり

要項

<受講費・履修時間>
グループ 710,000円/22時間
個別   962,000円/20時間

※下記の≪導入クラスの受講費・履修時間≫を含んだ合計です。
※分割でのお支払いも可能です。

<学習期間>
8~11ヵ月

導入クラス(お試しコース)のみを受ける方の要項

<受講費・履修時間>
グループ 47,000円/3時間(90分×2回)
個別   89,000円/3時間(90分×2回)

<学習期間>
1~2ヵ月

授業形態について(ワークファイブコースすべてに共通)

月に1~2回のペースで、講習を行ないます。毎回受講者に合わせて課題を出します。講習内容を日常の中で実践していくと、おのずと上記の内容が身についていくようになっています。日常こそが、よりリアルに講習内容を活かしていく場です。それぞれのペースで進めてみてください。

ライトコースのみ、対面・リモート(ビデオ通話)のどちらでも受講できます。ビデオ通話は、LINE、スカイプ、メッセンジャー、Zoom、Google meetなど。 日本と海外の遠方にお住まいの方も受講が可能です。

※ページの一番下にて、ワークファイブコースの補足案内をしているリンクページを紹介しています。

ワークファイブクラス

このクラスでは、経絡の流れに沿い、主要なツボの取り方やその位置を確認しながら案内していきます。また内臓や器官について、簡単な解剖の知識を学べます。時間をかけたワークファイブコースの内容を学びたい方におすすめしています。

また、各エネルギーの活用術についても、ライトコースに比べて習得できる内容が多いです。ワークファイブライトクラスの内容に、以下の内容をプラスアルファしています。

受講内容

◆ワークファイブ ライトの受講内容
    +
◇東洋医学 経絡理論
・主要12経路のうち受講者に合わせ8経絡を選び、ツボの位置、取り方を学ぶ
・内臓や器官など、簡単な身体の解剖を学ぶ。
◇授業の中で各ツボから質の高いエネルギーを流す
・ツボの取り方を一つひとつ学び、各ツボからワークファイブの各エネルギーを取り入れ、自分自身を調整する。
◇スリーメディスンの活用術
・3つのツボを選択し、ワークファイブの手法を扱う技術を学ぶ
(対応が難しい箇所に、より効果を生み出す)

要項

<受講費・履修時間>
グループ 1,104,000円/36時間
個別   1,440,000円/30時間

※シンプルコースの受講費・履修時間を含んだ合計となっております。
※分割でのお支払いも可能です。

<学習期間>
12~18ヵ月

自分と、人のために学ぶ、セラピストコース

このコースでは、「自分のために学ぶコース」の内容と合わせ、受け手にエネルギーを流していく、またカウンセリングするなど、セラピストとして必要な技術を習得します。「自分のために学ぶコース」と同じ内容に関しては、上記を参考にしてください。

受け手のためにカウンセリングする技術を深める

ワークファイブクラスの基本内容を学んだうえで、以下の技術を習得していきます。

  • 受け手のためのメッセージを受け取る
  • 受け手の身体・オーラの状態を読み取る
  • 受け手に必要なエネルギーを送る

この内容は、セラピストコースにおける基本的な技術でありながら、日常生活の中でも数多くのことに活かしていけます。人の状態を見るだけでなく、必要に応じて自分の未来についての情報を読み取ったり、お腹の中にいる赤ちゃんや、まだ話ができない子どもと対話をすることも可能です。それぞれの日常の中で適切に活かしていけます。

「カウンセリングアイアムクラス」の基礎部分は必須科目

人にカウンセリングをする、または、受け手にエネルギーを流すときに非常に重要なのが、自分自身を癒やす手法を知っていることです。自分自身の内側が癒やされていないと、カウンセリングするときやエネルギーを送るときに、相手から負のエネルギーを受け取ってしまうことが多くあります。
このポイントは、非常に大切な部分でもあります。そのため、「カウンセリングアイアムクラス」の基礎部分を必須科目とし、自分を癒やす手法を同時に学んでいきます。

受講内容

ワークファイブクラスの受講内容
        + 
◇ライトボディワークファイブを施術に活かすための実践練習
・施術中に届くメッセージは意識の変換に大きく役立つ
・作用性が非常に高い「ボルテックスワード」
(メッセージが渦のように効き目のあるエネルギーとなる)
・クライアントのニーズや症状により、どのように施術を組み立てるかケースワーク 
◇メッセージを受け取る、読み取る技術の習得と応用
◇セパレーションの技術を習得
・施術後に自分自身に戻る方法
・受け手の比重が重いエネルギーを引き込んだ場合の抜き方
◇カウンセリングアイアムの基礎内容を習得
・自分の内側を癒やしていくための手法
・自分を見つめ調整するための技術

要項

<受講費・履修時間>
2,204,000円/69時間
※この中にセルフコースの受講費・履修時間が含まれています。
※分割でのお支払いも可能です。

<学習期間>
約24ヶ月

お支払い頂いた受講費について

途中で講座を取りやめた場合、連絡をいただいた時点で残りの講座料金を計算し30%分を返金いたします。受講中のエネルギーサポートや準備等に係る相応のエネルギーを使っているためであり、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

その他、詳細についてはどうぞ遠慮なくお問い合わせください。


以下のページも参考にしてください。

自分とは何者であるのか、そのほどき方:カウン

ワークファイブに関する記事

永遠に語られるぎっくり腰


井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。