「2023年に向けたメッセージ」の見本

このページでは、「【申し込み期間延長2/7まで】2023年に向けてのメッセージ承ります」のページで案内している、2023年に向けたメッセージの見本を紹介しています。いったいどんな形のメッセージなのかな? と思う方は、どうぞ参考にしてみてください。
一人ひとりに向けたメッセージは、その方の進む道に対しての的確な指針(道標)となるかと思います。後になればなるほど、実感が湧くという方も多くいらっしゃいます。また、決して、メッセージの通りにしなければいけないというものでもなく、日常での心強い道しるべとなればと思います。

以下の内容は、本日、私自身が自分のために受け取った2023年に向けたメッセージです。

○○○○ 様 

あらかた決まっている流れを書いていきます。方向付けを正しくする。
海外は保留にすることなく突き進む。洋画を観たりするだけでなく、英単語の表記から、その単語のバックグラウンドをつかむ。
慰労が大事。自分がやっていることに信頼をおく。さみしさが過ぎ去り、ジャッジする人がこれからは現れる。そのときに自分を悲観的に見ないことが大事。
楽しい旅を十分に味わう。周りにいる人、あなたが探していた人、これから出会う人は、大きな賜物になる。歓待してくれる人もいれば、さげすむ人もいる。あなたにとっては、その人たちの気持ちも十分にわかるはずだから、それ自体をも楽しむことが大事。
ビジネスクイーンとの出会い。働けば働くほど、あなたは実態をつかむ。この世の中には何が必要なのか。働く女性にとって何が必要なのか。楽しい図案を考えていく。
アースのアスリートに対してのねらいを細かく記事にしていく。人に出会えば出会うほど、新たに目標ができる。意識の使い方が、どれだけ身体に影響をおよぼすのか、具体的に話をしていく。コンピューターに向かう時間を少なくする。映像に限ったことではなく、体にとっての負担を少なくする。ゲーム感覚でおこなっていくとよい。
基本的に、あなたにとっては、この1年、なにがなんでもというよりは、自然体でいるだけで、流れができている。身をまかせればよい。楽しさが倍増するが、および腰にならないことが大事。やってきた流れに対しては、サクッと乗り、その先で十分に対応できる。おもしろい流れだからやってみる。不安が勝つこともある。それでもなお、あなたにとって必要だから、その不安はせり上がる。それを確実に癒やしてあげることが大事。それにより、自然と前に進むことになる。

人によってメッセージは異なります。ここに記載した内容は、私自身が理解できるように届いてきたメッセージです。ここで読んだ内容が理解できなくても、一人ひとりに届くメッセージは、その方が理解できるようになっています。

ご希望の方は、下記のページからお申し込みください。

【申し込み期間延長2/7まで】2023年に向けてのメッセージ承ります

井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。