アスリート基礎コース

まずは、このアスリート基礎コースで学ぶ内容を簡潔に案内します。これらの手法は、日々のトレーニングと組み合わせて使っていくことにより、非常に有用な作用を生み出します。

※本コースはアスリートのみならず、スポーツに関わる指導者、従事者も受講することができます。

学習内容

1.ハートの呼吸法とハートの意識の使い方の習得
2.ハートの呼吸法を使い、日常の基礎管理を行なう
ー 心身の調整方法を知る。各種の症状を微細なものも含め感知(察知)する能力をつける。
3.内側の「本来の自分自身」との対話の仕方の習得
ー ケガを未然に防ぐ、ケガからの回復や不振からの脱出を早める。本来の自分自身と対話をし、より有用な指針を得る。

4.「いつくしみ」についての理解を深め、「いつくしみ」の呼吸法を確実に活かす


このコースで学ぶ大切なポイントととして、まずは以下の二つが挙げられます。

心身の基礎管理法として、ハートの呼吸法を日常的に取り入れていく(1~2の内容)
日常的に、意識や心身の基礎管理法としてハートの呼吸法を取り入れることで、体内に発生する各種の症状(違和感、軽度の痛み、身体の重さ)を察知しやすくなっていきます。

体内に現れている各種症状を通して、自分自身の内側と対話をしていく。そして、さまざまなことに対する解決策を見いだす(3の内容)
対話の手法を用いることにより、症状が現れている理由を知り、本来の自分自身が何を求めているのかを理解していきます。

身体からの各種症状(メッセージ)を察知し、捉えていくこと。
これは非常に大切なポイントになります。なぜならそれが、自分自身の内側から届いているメッセージであり、自分の捉え方しだいで「今後の指針や修正ポイントへの案内」となるからです。

以下に、各種症状を捉え、それらを今後の指針として(気づきに変えて)いく流れを簡単に示します。

自分自身と対話をしていく流れ

身体を通して現れた症状を察知する。

       ↓

ハートの呼吸法をし、自分の内側を整え、対話をしていく。

       ↓

対話を通して、身体からの情報に気づき、指針となるものを得ることができる。

この流れを経ることにより、以下のようなことが可能になります。

・身体の動きが今まで以上に良くなる。
なぜなら、意識の状態と身体の動きは密接に関わり合っているからです。気づくことにより意識が変化し、それが身体の動きに影響を与えるのです。ここでの「意識」とは、思う、考えること、不安や後悔など感情を抱くこと、そして、気づきを深めたあとの意識の状態のことも指しています。

・不調、ケガ、不振の長期化からの復活・回復を早める。
・気づきにより、練習の仕方の変化、新たなトレーニング法へのチャレンジ、試合中の意識の使い方などへ良い影響を与える。

「いつくしみ」を学ぶ理由

心身の安定のため

人の内側にはさまざま感情が眠っており、それらが日常の中で、ある機会をきっかけに浮上してきます。それにより、身体のバランスは損なわれ、普段どおりに身体を動かすことが難しくなることがあります。その理由は、先ほども案内したように、心の状態(感情)は身体と密接に関わっているからです。

「いつくしみ」とは

「いつくしみ」には、体内で生まれる感情を調整する作用があります。
そして私たちは、「いつくしみ」を一つのエネルギーとして、体内で生み出すことができ、心身を安定させるために扱うことができます。

講習の中では、まずハートの呼吸法を学びます。次に、ハートを土台として「いつくしみ」の呼吸法を行ない、「いつくしみ」のエネルギーを生み出す技術を習得します。そして、体内を調整していくために 「いつくしみ」のエネルギーを 活用していけるよう、案内していきます。

たとえば:
本番が近づくにつれて不安が浮かぶ
または、さまざまなことにナーバスになってしまう
不振から脱出したい、心がモヤモヤし最高のプレーができない


このようなときに、「いつくしみ」の呼吸法を使い、心身の調整を行なっていくのです。

1~4の学習内容を上手に組み合わせ使っていくと以下のことが可能になります

・中庸な意識、心身の安定した状態を保ちやすくなる。
普段の意識の状態は、(本番に向かうときはとくに)プレーの質や表現力に大いに影響を与えるため、以上の内容は非常に重要です。

・潜在意識に埋もれている、才能や特質、個性を少しずつ引き出していけるようになる。

アスリートの方にとって、これらの内容は、今後さらに重要になっていくかと思います。

人生のさまざま局面で学んだことを活かせる

このコースの内容は、アスリートを卒業したあとにも役立ちます。人生は、選択の連続です。日々の練習とともに培った「意識の使い方」「対話の手法」「ハート呼吸法」「『いつくしみ』の呼吸法」を、あらゆる人生の局面で活かしてみてください。
その意味でも、本コースの内容はスポーツを通した人間的な成長、教育としての側面を持ち合わせています。

「応用クラス」について:作用性の高いエネルギーの扱い方を学ぶ

アスリート基礎コース修了後の案内として、「応用クラス」も提案いたします。ハートの呼吸法とともに、心身をさらに整え、肉体を安定・強化していくために、各種エネルギー(意識の使い方により生み出せる)の扱い方を案内します。

チーム、各種団体ごとの案内

独自のものを作成する要望がある場合は、ご相談ください。ここで案内している内容は、実業団、各種団体、学校(高校・大学などのチーム)の目的に合わせオリジナルのものを作成していくことが可能です。

講習内容

身体の構造的な知識
・意識が身体へ与える影響はなぜ大きいのか?
ハートについての概念
・ハートの呼吸法を学ぶ 簡単な調整法
浮き上がってくる不安などの感情に対処するために
・「いつくしみ」についての概論
・「いつくしみ」の呼吸法による調整法を学ぶ
カウンセリングアイアムの基礎編
・自分自身を知るための手法
・浮かび上がってくる感情に対し、原因を理解する
・癒しへのプロセスと、それがパフォーマンスに対しどのような良い影響を与えるかを学ぶ
自分と対話する手法を学ぶ
・問いかけの手法:ハートの呼吸法、「いつくしみ」の呼吸法とともに行なう
ー身体の各症状(ちょっとした違和感にも)感知する能力を上げ、自分との対話を行なう
ーなぜ違和感があるのか、痛みや各症状が出るのか、原因をひも解き、身体の回復をめざす

授業形態について

月に約2回のペースで、講習を行ないます。毎回受講者に合わせて課題を出します。講習内容を日常の中で実践していくと、おのずと上記の内容が身についていくようになっています。日常こそが、よりリアルに講習内容を活かしていく場です。それぞれのペースで進めてみてください。

対面、リモート(ビデオ通話)のどちらでも受講ができます。
※LINE、スカイプ、メッセンジャー、Zoom、Google meetなど。

要項

<受講費・履修時間>
3人以上のグループ講習:319,000円/21時間 
マンツーマンの講習  :544,000円/18時間
※分割でのお支払いも可能です。
※マンツーマンの場合、複数人で行なうよりも進み具合が早くなるため履修時間が少なくなっておりますが、学ぶ内容は同じです。

<学習期間>
約7ヶ月

お支払い頂いた受講費について
途中で講座を取りやめた場合、連絡をいただいた時点で残りの講座料金を計算し30%分を返金いたします。受講中のエネルギーサポートや準備等に係る相応のエネルギーを使っているためであり、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

その他、詳細についてはどうぞ遠慮なくお問い合わせください。


参考1:ハートの呼吸法と「問いかけ」の技術

ソフトボールの試合中にケガをしたときに私の体験例です。ケガをしたのは、ただの偶然ではなく、自分自身の意識の持ち方に要因があったことを理解しました。



参考2:全講習一覧

各コースの詳細ページ

  1. ハートと「いつくしみ」を学ぶ基礎クラス
  2. 応用クラス
    メディスンコース
    ワークファイブコース
  3. カウンセリングアイアムクラス
  4. 青空スクール
  5. 女性のための特別コース
  6. アスリート基礎コース
  7. メディスンマッサージ
  8. スポーツカウンセリング
  9. ビジネスライフコーチング
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。