ハートとは、自分を整え、人生を導くために必要なもの。

デオキシリボ核酸(DNA)という言葉を知っていますか? 

デオキシリボ核酸(DNA)は遺伝情報という意味でも使われています。私たちの内側には、デオキシリボ核酸のように目に見えないため、気づかないでいる情報が数多く眠っています。非凡な才能やその人らしさ、人生の計画、ある日突然、始まる人生の新しい展開など。私たちの内側にはさまざまな人生の設計図が眠っているのです。それらは、あらゆる体験を通し、気づきを深めるごとに実感できるようにもなってくるものです。

ハートに意識をおくことの大切と
ハートの呼吸法を多くの方々に伝えています。

ハートとは、愛そのものであり、太陽のように明るい素材です。そして私たちにとっては、大地のような大きな土台となるものです。そのため、私たちの人生においては、このハートという土台につながっていることは、たいへん重要であると言えます。


さまざまなアンバランスなもの、たとえば、家庭や職場での不安定なもの、または健康や将来への不安などは、ハートに意識をおいていると整っていきます。このような事象が私たちの目の前でくり広げられているとき、意識をハートに移していくと、物事への見方がおのずと変わり、違った視界が広がっていきます。

基礎的なことから学ぶ

私たちの日常では意識が曇りやすくなることが多く、ハートがあること自体も忘れがちになることが多いため、ハートに着地していくための手法を、基礎的なことからお伝えしています。

答えや才能を引き出すためには対話が大事

基礎的なことに加え、誰もが内側に秘めている才能を引き出し、それらを自由に表現していくための案内をしています。しかし、人によっては才能を表現していくために自分自身と向き合う必要性が出てくることもあります。その理由は、才能を表現したくても、それを阻むようなトラウマや感情が内側に潜んでいるからです。


しかし、不思議にも見えるのは、このようなことが表に現れてくるためにも、人生は展開されていくということです。非凡な力を持っている人ほど人生は困難に見え、謎に包まれているように思えるかもしれません。

基本的に、私たちの内側には、自分が求めている答えがあり、その答えにたどり着くためには、自分との対話を重ねていくことが大切です。

もともと人間に備わっている原理を使う。

日常で私たちは数多くの問題にぶち当たります。
さまざまなことで思い悩み、長い間気分が落ち込むこともあるかと思います。
それはまるで太陽をおおってしまう雲のようなもの。
しかし、私たちの内側には常に太陽のように光り、熱をもち、愛そのものである「ハート」が存在しています。これは人間にもともと備わっている原理です。

ハートのデオキシリボ核酸は、私たちの内側にしっかりと刻まれています。その感覚をゆっくり目覚めさせてください。時間をかけて行うことが非常に大切でもあるため、あせらずに実践を重ねてください。

※上記、著書「セルフカウンセリングのメソッド(仮題)」(ギャラクシーブックス)から抽出

独立している国のようなもの

ひとり一人の内側の中心には、まぎれもなく「ハート」が存在しています。大切なのは、意識して自分のハートにつながろうとすることです。独立している一つの国のごとく、内側に存在しているハートを一人ひとりが自分のものとしていけるように、さまざまな角度から案内してまいります。

どうぞ、みなさまの興味のある事柄に「ハート」を使っていくことから、はじめてみてください。

講習を受けたい方へ

講習は、目的に合わせいくつかのクラスを用意しています。
もっとも簡単な内容は、基礎クラスで学ぶことができ、基本的に誰にとっても日常で活かしていける内容になっています。自分にとって「ピン」とくる(目に留まる)クラスがあるときは、きっとそのクラスの内容がみなさまのお役に立つと思います。

オリジナルの講習と教材を各種団体ごとに。

また、各種講習の中に受けたい内容がない場合、もしくは独自のものを作成する要望がある場合は、ご相談ください。実業団、学校(高校・大学・各種専門学校など)、会社組織の目的に合わせオリジナルのものを作成していくことも可能です。


ハートと「いつくしみ」については、以下のコースで主に学ぶことができます。


>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。

CTR IMG