答えを自分の内側で導くときの参考例(1)

このページでは、自分自身で答えを導くときの参考例を案内します。今回は、拙著「身体の症状から答えをひも解く『ハート』のメソッド」の内容を抜粋してお届けします。

基本的に、答えを自分の内側で得ていくときに大切なのは、以下の3つであると、らいおんハート X Vision では伝えています。

  • ハートに意識を向ける(ハートの呼吸法を身につける)
  • 身体に現れる症状を察知する
  • 自分自身に問いかける

身体に現れる症状を察知することがなぜ大事なのか? 

それは、身体を通して私たちは、自分にとって必要な情報を知ることができるからです。どんなに小さな症状でも、病気のようなある程度重い症状であっても、それらに意識を向け、なぜその症状が現れたのかを探っていくことにより、その要因となるものを自分なりに理解することができます。

この内容に関する詳細は、トップページの補足(自分を解き明かすための意識の使い方)のページを参考にしてください。

今回案内する内容は、どちらかというと、日常で起こるささいな事柄と言えます。しかし、身体に現れる症状に意識を向けていくことで、良い結果を手にできた一つの例です。

それでは、さっそく私の体験談を紹介します。


私は、 40 歳を過ぎたころから、海外で仕事をするビジョンを受け取るようになり、そのころから英語の勉強を始めていました。そして、ある日突然、ふと思い 立ち日光へ旅行に行ったことがありました。宿については少し迷いましたが、宿泊客の9割以上が外国人であるというゲストハウスに思いきって予約をしました。

そして、2日目の朝食のときのことです。 1日目の夜に、ある外国の方を見かけ、「話しかけるチャン スがあったらいいな」と思っていました。そして2日目の朝、その方は家族4人で食事をとっていまし た。しかも私のテーブルの隣に座るという機会にも恵まれたのですが、彼らの話している言語を聞いて 一瞬にして気持ちが引いてしまいました。
なぜかというと、彼らは英語ではない、おそらくヨーロッパ の言葉を話していたからです。私は「英語ではないのか」と内心残念に思い、話しかけることができま せんでした。

そして、朝食を終え部屋に戻ったころ、のどに何かつまるような感覚が浮かび上がっていることに気 がつきました。私はよくわからないままに、布団に仰向けになり(ハートの)呼吸法を始めました。そして、「なぜ、 のどがこのようになっているのか?」と自分自身に問いかけていったのです。
そのまま呼吸法を継続していると「なぜ、話しかけないの?」という言葉が、自分自身の内側から響 いてきました。この内容は、先ほど案内した私の魂としての存在が、日常を生きている私自身に語りか けているのですが、当時の私は内心、「どういうことだ? 相手はフランス語みたいな言葉を話していた し、英語では話しかけられないじゃないか?」と思いました。

しかし、そのままゆっくり呼吸法を続けていると、「英語で話しかければ、英語で返ってくるのではなか?」という新たな感覚が、私の内側に浮かび上がってきたのでした。 この感覚を受け取った私は、「気になった外国人の方が英語以外の言語を話していても、今日は英語で話しかけよう」と心に決めました。

結局、その日に私は、東照宮の周辺で7組ぐらいの外国の方たちに 話しかけることができました。 話しかけたことにより、出会った方々は、オランダやイタリア、イギリスなどヨーロッパのさまざま な国から日本に来ていることがわかりました。
このようなことも話しかけなければわからなかったこと です。 のどに現れた症状が、私にとってふさわしいことを教えてくれました。もし、のどのつまりを感じて もそのままにしていたら、英語で話しかける勇気を持つことはできなかったと思います。

そのときの出 来事は私にとって、新しいステージに立つという体験でもありました。なぜなら、ヨーロッパの言葉を 話しているのを知りながら、英語で話しかけるということは、私にとって心理的なブロック(壁のよう なもの)を外すような体験だったからです。

「身体の症状から答えをひも解く『ハート』のメソッド」より


今日の内容はいかがでしたか?
身体を通して伝わってくることは、非常に奥深いです。わりと簡単に理解できるものもあれば、場合によっては、理解できるまでに時間がかかるものもあります。しかし、大切なのは、身体の症状が何を教えてくれているのか、身体に意識を向け(問いかけ)ていくことです。

時と場合によっては、日常に現れる諸問題の解決までの時間を、大幅に縮めてくれることもあります。また、症状を通してそこから答えを導いたあとに、症状が消えてなくなる、または軽くなるなんてこともめずらしくありません。

何かしらの方向変換、生き方や物事への捉え方を変えることなど、気づきが必要な場合に、身体の諸症状は体表に現れることが多くあります。首、肩、腰の痛みや重み、頭痛、心痛(胸周辺の痛み、違和感)、めまい、せき、吹き出ものなど、さまざまな症状があるかと思いますが、今日の内容をぜひ参考に、してみてください。


本記事の内容を学べるコース

基礎クラス
女性のための特別コース
アスリート基礎コース
青空スクール(社会人の方、学生の方)


書籍を購入したい方は、画像をクリックしてください。
Amazon のサイトに移行します。


井上裕樹のツイッターです♪
>サイトをご覧いただきありがとうございます。

サイトをご覧いただきありがとうございます。

各講習、講演の問い合わせ、申し込みなど、お気軽にご連絡ください。